体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

はじめてサービス設計をするときの進め方(前編)──エンジニアのための企画書講座vol.8

1. サービス設計をすることになったぞ


ブレインストーミングをして生まれた「犬の写真共有サービス」の企画。上司に「面白そうだから、作ってみよう」と言われまして…。


おぉ、それはスゴイ!


でも、よくよく考えたらサービスを作るのって、何から手をつければ良いのかさっぱり分からないのですよ。


そのようなわけで、今回はサービス設計について話したいと思います。


ところでサービス設計はどこまで企画の仕事なのかな?なんとなくUI/UXデザイナーと言われている人たちの仕事のような気もしているけれど。


最近でこそUI/UX設計と言われるようになってきたけれど、サービス設計という業務は今まであまり明文化されていなかったんだよね。Webディレクターがやるときもあれば、デザイナーやエンジニアがやるときもあるし、チームで一緒にやることもある。「これは誰の仕事」とあまり難しく考えず、やりたい人でまずやってみるのが一番良い


やりたい!

1 2 3 4 5次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。