ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国系転売ヤーの並び屋の相場は1晩で5千円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

爆買いをするのは中国人旅行者だけではありません。中国系転売ヤーは本国では販売されていない最新デジタル機器を大量購入。並び屋のアルバイトを雇って購入させるケースが増えています。そんな中国系転売ヤーの並び屋バイトの相場は1晩で5千円ほどです。

中国系転売ヤーがバイトを雇う

新型iPhoneやゲーム機など、転売目的で稼げそうな最新のデジタル機器は中国では販売されていないモノが多数あります。そこで、日本に来て購入していく中国系転売ヤーが増えているのが現状です。

人気商品の場合は何日も徹夜で並ぶ必要があり、中国系転売ヤーはアルバイトを雇って購入させることもあります。従来、そういった案件は同じ中国人の学生が請け負うことが多かったのですが…。

最近ではホームレスや日本人の無職の若者に、1晩5千円ほどを支払って雇うケースが多くなったといいます。実際にホームレスの元へ出向いて「5千円の簡単なバイトをしないか?」と声をかけているのです。

転売ヤーが抽選予約要員を募集

中国系転売ヤーはまず日本で転売にかけ、仮に思ったほど売れなくても、本国の富裕層向けに流します。赤字になることはありません。このため、日本人を使った代理購入が密かに横行しているようです。

中国系転売ヤーが注目しているのは、ニセモノや特許侵害などで中国国内では販売が難しいものの、富裕層に人気のiPhone。そして、日本では2016年10月に発売予定の「PlayStationVR」です。

最近では「PlayStation VR」の代理予約購入のため、転売ヤーは抽選予約要員を中華系のBBSで幅広く募集していたとか。また、Twitterで「転売用の並び屋やりますよ」みたいなことをつぶやくと、オファーが来る時もあるのです。(文/ジャンクハンター吉田)

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP