ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

11才の哲学者・中島芭旺くん 嫌いな言葉は「未来」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 取材場所に到着するや、iPadを握りしめた男の子が、部屋から勢いよく飛び出していった。「5分だけだから!」と画面に顔を向けたまま話す彼は、『ポケモンGO』の真っ最中。しばらくして無事にお目当てのポケモンを捕獲でき、部屋に戻ってくると、「ゲットできた」と、満足気な笑顔を浮かべて母親の隣に座った。

 彼は今、日本一有名な11才の男の子、中島芭旺(ばお)くん。大人顔負けのつぶやきをすることから「小さなからだの哲学者」と呼ばれている。

 堀江貴文(43才)をうならせ、安倍昭恵さん(54才)は、「へたな大人の言葉より、よっぽど心に響く」などと評した。

《僕の最大の長所は、1人では何も出来ないこと。それを知っていること。助けてっていえること》
《物事に重さはない。ただ、その人が「重い」と感じている。ただそれだけ!》

 芭旺くんが書いた自己啓発書『見てる、知ってる、考えてる』(サンマーク出版)が話題沸騰中だ。

 5月に倒れてから5か月。一時は文字さえも読むことができなかったという小林麻耶(37才)は、本をめくってすぐに飛び込んできた、芭旺くんの《自分を大切にしよう。話はそれからだ》という言葉に、「ドキッ。おっしゃる通りです!!!!」などとブログで紹介。妹・麻央の夫、市川海老蔵(38才)もこれに続いた。

 失意のどん底にいた麻耶の胸にも届いた芭旺くんの言葉はどうやって紡がれているのか──。

 もしも小学校に通っていたら現在5年生。実は彼は学校へ通わず自宅学習をしている。これらの言葉はいつ、どんな時に思い浮かぶのか聞いてみると、「ゲームをしてるとき」と即答。でも特に書き留めることもないから、たまに忘れるという。

「本の3倍は実際に書いているし、その2倍は頭に浮かんでは消えていっていますね。でもそれは、それほど重要じゃないということ」

 ちなみにポケモンが好きな理由を聞くとこう答えた。

「ポケモンはその場その場で、得意な分野で闘わせるところが好き。日常生活もそう! ぼくも得意なことをやって生きている」

 芭旺くんが学校に行かなくなったのはいじめが原因だった。

「仲間はずれとか…よく覚えてないですね。最初は誰にも相談しませんでした。先生に相談しても相手にしてくれなさそうだったし、親には、自分の子供はいじめられているって面倒な話だって思うだろうなって思って、そのときはママも信用できていなかった。信用できなかった理由はぼくが自分を信じてなかったから。

 でもある日、ママが“好きにしていいよ”って言って、ぼくにあまりかまわなくなった。その頃のぼくの中では“好きにしていいよ”は、“見捨てられた”に変換されていた。でも、“自分の好きに生きていいんだよ”って意味なんだってわかってからは、“なんだ、じゃあ迷惑かけちゃっていいや”って思って、逆にママが信用できた。それで“学校には行きたくない”って言ったんです」

 いじめだけじゃなく、「学校の教え方もちょっと嫌いだった」と芭旺くんは言う。

「例えば、“先生の言う通りにしていたら東大に行けるよ”って言う。でもそれって、先生が言う通りにしてほしいから、先生が楽だからそう言ってるだけだと思ったんです。“このままではいけない”と言うのと同時に、“言う通りにしなさい”って言うのは、生徒からしたら、その言葉はないほうがやる気が出る」

 不登校を決断するまでは当然不安もあったが、自分で選択して学習し、好きな人から学んでいる今、「友達と遊ぶことが少なくなった以外はイイ感じかな」と芭旺くん。

 一方の母・弥生さん(46才)はどんな心境だったのか。当時を振り返る。

「小学2年生までは通っていましたが、次第に合わなくなっていました。朝お腹が痛いと言ったりして休むことが多くなって。学校では、先生に“絵を描いてください”と言われても描けなかったり、“作文を書いてください”と言われても書けないことがあったりして、芭旺はいつの間にか問題児になっていましたね。

 毎日毎日、学校で否定されて帰ってくる芭旺を見て私は『あなたの行動は否定されているけど、あなたという存在が否定されたわけではないんだよ』ということはずっと言っていました。そうして芭旺のほうから『学校には行きたくない』って言われて…。私は『やっと言えたね』と言いました。だって、子供にとって学校だけが社会じゃありませんから」

 芭旺くんが注目を集めるなかで、弥生さんを「警察に通報したぞ」「小学校に行かせないのは虐待だ」などと中傷する人もいる。

「でも、毎日つらい思いをしている子供を無理に学校へ通わせることが本当に子供にとってよいことなのでしょうか。今のやり方で芭旺がワクワク楽しんでいる姿を見ていると、私はこれでよかったんだと思います」(弥生さん)

 芭旺くんの姉は、私立幼稚園をお受験して合格、今は高校2年生だ。自由な雰囲気の幼稚園に通い、公立の小学校へ通っていた芭旺くんとは正反対の人生を歩んでいる。お受験ママとして長女の成功例がある母親にしてみれば、ある意味、芭旺くんが不登校児になったことはショックだったはずだが…。

「もともと芭旺は小さな頃からお姉ちゃんとは極端に違いましたから。芭旺は何かにハマるとずっとそればかりやる子でした。2才の時に辞書にハマったときはずっと読み聞かせをせがまれて、私にとっては恐怖体験(笑い)。メジャーにハマったときは、お姉ちゃんの運動会に行っても水道とか花壇とかをヨチヨチ歩きのままずっと測っていました。この子は、こういう生き方をしたいから、私のところに生まれてきたんだと思って見守ってきたんです」(弥生さん)

 嫌いな言葉を聞くと、迷うことなく「未来!」と芭旺くん。その理由は──。

「後先のことを考えてたら、予定にすべて縛られる。先のことを考えるより今! 今を楽しむ。わかるはずのない未来のことを考えるんじゃなく、今を生きる!」

 大人になるとわかっていてもできずにいる「当たり前のこと」を直球で投げてくる芭旺くん。記者が質問を継げずにいると、「ちょっと話したいことがある!」と勢いよく声をあげた。

「なんて言うんだっけ? えっと…、えっと…、ああそうだ。えっと…ぼくのとーちゃんががんになって、今はステージIVなんですけども…」

「とーちゃん」とは、弥生さんの2人目の元夫のことで、芭旺くんの実の父親ではない。しかし、芭旺くんと血のつながっている父親も含め、今も家族として交流している(「2人とも父親です」と芭旺くん)。

 そのとーちゃんは、7年前に大腸がんに。以来、「いつか再発するかも」という覚悟をしながら、家族は生きてきた。そして今年2月、がんは肺に転移していることが発覚。すでにステージIVだった。

 弥生さんは「芭旺は病気を、私たち大人がとらえているのとは違う概念で見ていると思う」と話す。その母の言葉に、芭旺くんはこう続けた。

「手術はできないって言われているから、治療は副作用で吐き気とかある抗がん剤を使っている。それはただ命が延びるだけで、それよりも苦しむ時間のほうが長いから使わなければいいのにって、ぼくは思ってる。長く苦しむなら、短く楽しんだほうがいいんじゃないかって思ってる。でもそれは、とーちゃんが命をかけて選んだ治療法。それで好きなことをめいっぱいやって生きてる。肉も食べてるし、温泉にも行ったし、毎週趣味のミュージカルを見に行ってる。それをぼくに見せてくれている。いつどんなときも楽しめるぞ!って、命をかけて教えてくれる先生!!」

 芭旺くんはそんなふうに、家族のがんと向き合っている。

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
嵐・大野智 被災地小学校で「当たり付きカレー」の炊き出し
雑誌『小学一年生』2014年の表紙モデルが3213人の中から決定
父の睡眠薬服用等ばらした香川照之長男に「大物になる」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP