ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピコ太郎Pの古坂大魔王 弟は東大卒、人気女優と交際も?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「PPAP」で大ブレイク中の「ピコ太郎」。その素性は謎に包まれているが、「ピコ太郎」のプロデューサーだというピン芸人の古坂大魔王(43才)が、正体なのではないかと囁かれている。

 古坂大魔王は、1992年にお笑いトリオ「底ぬけAIR-LINE」のメンバーとしてデビュー(後に1人抜けてコンビに)。今年で芸歴24年。1990年代に人気を誇ったバラエティー番組『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)などに出演し、くりぃむしちゅーは同期、ネプチューンは2年下の後輩となる。

 しかし、くりぃむしちゅーやネプチューンが売れていくのを横目に鳴かず飛ばずの状態が続く。そんななか古坂は、思い切って路線変更。もともとバンド活動をしていたこともあり、2003年に一旦芸人の活動を休止し、テクノを中心とした音楽家になった。

 すると、新たなる才能の一片が開花。鈴木亜美やAAAの楽曲のリミックスを担当したり、人気ゲームやアニメの曲の作詞・作曲・リミックスを手がけたりするようになる。

 ところが結局はお笑いの世界に舞い戻ってきた。そこには、古坂の“勝算”があったようだ。お笑いと音楽の融合──そこで古坂が“プロデュース”したのが「ピコ太郎」だった。

「数年前から構想は練ったり、ライブでは披露していました。“映像を撮ってYouTubeで流したいんだ”とも言っていた。でも、曲を作るところから、スタジオでの収録、映像の編集まで1人でやってましたから、実現まで時間がかかったんです」(古坂の知人)

 そして大魔王は“世界征服”の大チャンスを掴む。紆余曲折の芸歴24年のように見えるが、今振り返るとすべてがピコ太郎の糧になっている。

「古坂くんは3人兄弟。3才年上の兄は銀行員で、4才年下の弟は東大を出て大学教授。古坂くんは高校を出てすぐに芸人になったけど、いろんな経験を最大限生かして自分をプロデュースする地頭のよさは兄弟共通なんですね」(前出・知人)

 くりぃむの上田晋也(46)は古坂の青森の実家に何度も遊びにいくほど親しいが、芸人以外にも交友関係は広い。

「彼はお酒はほとんど飲みません。ほんのちょこっとレモンサワーを飲むぐらい。でも彼の周りにはいつも人が集まるんですよ。AAAとは個人的に仲がよく、飲み友達です。場を盛り上げる話術はお手の物だし、音楽の知識も豊富ですから、話が合うんでしょう」(芸能関係者)

 愉快な古坂伝説はまだまだ続く。

「ピコ太郎には金ピカ昭和風の衣装を着せていますが、実はオシャレ。ハットやメガネ、デニムにこだわりがある。しかも、身長は185センチぐらいあってシュッとしてるからとにかくモテます。今人気の女優Aといい仲だったなんて噂も…」(別の芸能関係者)

 早くも「流行語大賞は確定」とも囁かれ、ハロウィンや忘年会シーズンには街に「ピコ太郎」があふれることは間違いなさそうだ。

※女性セブン2016年11月3日号

【関連記事】
「PPAP」プロデュースの古坂大魔王 談志に認められた才能
韓流で復活狙う芸能人 ローバー美々は“K-POP洗脳家”
菜々緒演じるツンデレ乙姫様 CMのままの衣装でにっこり微笑む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP