ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミナ ペルホネン × D&DEPARTMEN OKINAWA× 琉球漆器! 沖縄「漆器展」にてお披露目&発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆川明 × ナガオカケンメイのトークイベントも

2016年10月20日(木)から11月29日(火)まで、沖縄県宜野湾市のD&DEPARTMENT OKINAWAにて『NIPPON VISION MARKET「漆器展 -角萬漆器と木漆工とけし-」』が開催されます。

その中でお披露目されるのが、地元の漆工房とD&DEPARTMENT OKINAWA、そしてminä perhonen(ミナ ペルホネン)の皆川 明氏らが共同で開発した琉球漆器。

製作にあたったのは、琉球漆器を作り続けて120年以上の漆工房「角萬漆器」。D&DEPARTMENTのディレクターであるナガオカケンメイ氏の発案の元でプロジェクトがスタートし、パターンのデザインを皆川氏、器のフォルムデザインはD&DEPARTMENT OKINAWAのプロデューサーでありプロダクトデザイナーの真喜志奈美氏、そして堆錦(ついきん)や螺鈿(らでん)といった絵付けを角萬漆器が担当しました。この特別な琉球漆器は漆器展にて発売が開始されます。

同展には同じく沖縄の漆工房「木漆工とけし」も参加し、独特の風合いと歴史をもつ琉球漆器を紹介。2016年11月11日(金)には皆川明氏とナガオカケンメイ氏によるトークイベントも予定されています。

沖縄在住の方も、遠方の方も、古くて新しい琉球漆器をぜひチェックしてみてください。

プロジェクトメンバーの皆さん。真ん中のブルーのTシャツを着ているのが皆川明氏、皆川氏から右へ順にナガオカケンメイ氏、角萬漆器の嘉手納豪・ゆかり夫妻、D&DEPARTMENT OKINAWAプロデューサーの真喜志奈美氏。

琉球漆器の作品。

オリジナルの琉球漆器はいちからサンプルを作り、何度も打ち合わせを重ねて製作されたそう。

minä perhonen × 角萬漆器 × D&DEPARTMENT OKINAWA共同開発プロジェクト

発売:2016年10月20日(木)

取扱店舗:D&DEPARTMENT OKINAWA

NIPPON VISION MARKET「漆器展 -角萬漆器と木漆工とけし-」

会期:2016年10月20日(木)~11月29日(火) 11:00~19:30 ※水曜定休

会場:D&DEPARTMENT OKINAWA http://tabroom.jp/pr-okinawa/shp0000390/

入場料:無料

イベント:

トークイベント「漆のはなし」

日時:2016年10月22日(土) 18:30~20:00

登壇:嘉手納豪・ゆかり(角萬漆器)、渡次慶弘幸・愛(木漆工とけし)

オープニングパーティー

日時:2016年10月22日(土) 20:00~21:00

トークイベント「皆川明 × ナガオカケンメイ」

日時:2016年11月11日(金) 19:00~20:30

定員:40名

参加費:1500円

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

イッタラからロングセラー2シリーズのフィンランド建国100年カラー登場! スペシャルパッケージも
バング&オルフセンとTAIYOU no SHITAのコラボ展示、公開中
トラフの頭のなかを覗いてみよう!「トラフ展 インサイド・アウト」開催中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP