体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一緒に逃げられる? 飼い主が知っておきたいペットとの避難

一緒に逃げられる? 飼い主が知っておきたいペットとの避難

防災月間の9月は、全国各地で防災訓練などのイベントが実施された。そんななかで近年関心が高まっているのは“ペット同行避難”。子どもの数より犬猫ペットの数が多い時代、「いざ被災したときに、この子はどうなるのか?」と不安を感じている飼い主も多いはず。その一人でもある筆者が、人と動物の防災を調査研究し、被災地の現状を知るNPO代表にお話を伺ってきた。

ペットとの同行避難を推進する自治体が増加

東京港区に本部を置く特定非営利活動法人アナイス(Animal Navigation In Case of Emergency)は、2003年にNPO法人として活動を開始した“人と動物”の災害時避難と避難生活をサポートする団体。

2000年三宅島噴火の後、2001年に設置された「三宅島噴火災害動物救援センター」にボランティアとして参加していた平井潤子さんがセンターで保護した動物のお世話をしながら感じたのは、被災動物救護はその飼い主様の支援につながるということで、人と動物の防災をサポートするアナイス設立に至ったと言う。

【画像1】三宅島噴火災害動物救援センターには68頭の犬猫が収容されていた。その1頭1頭に飼い主との絆にかかわる物語がある(写真提供/アナイス)

【画像1】三宅島噴火災害動物救援センターには68頭の犬猫が収容されていた。その1頭1頭に飼い主との絆にかかわる物語がある(写真提供/アナイス)

【画像2】アナイス発行の冊子「動物防災の3R—準備と避難と責任とー」を手に、平井潤子アナイス理事長(写真撮影/藤井繁子)

【画像2】アナイス発行の冊子「動物防災の3R—準備と避難と責任とー」を手に、平井潤子アナイス理事長(写真撮影/藤井繁子)

「各自治体の防災ガイドラインでも、ペットとの同行避難を推進しているケースが増えてきました」(平井さん、以下同)

「ペットが避難所に受け入れられないことで、飼い主が危険な場所に残ったり、ペットとともに車中で過ごした結果、エコノミークラス症候群等の健康被害にあったりすることを懸念し、避難所でのペット受け入れ対策を検討し始めています」

“ペットとの同行避難”が推進されていると聞き、安心した筆者だったが……

「ただし、『同行避難』とは飼い主がペットとともに安全な場所に避難することを言い、避難所室内でペットと一緒に過ごせることとは異なります。避難所にはアレルギーをもつ方やペットが苦手な方もいらっしゃいますので、避難所内の状況によって室内同居できるとは限らないのです」

なるほど、避難所の中には入れないんだ……ウチは犬猫共に室内飼いだけど、猫をケージに入れっぱなしは可哀想だなぁ。

「一方で、避難所内に共同の飼育スペースを用意したり、避難者の方々がオリジナル・ルールを決めて柔軟に対応する事例も増えてきています」

災害は一つとして同じものはなく、地域の人間関係や住環境によっても被害の状況が大きく違い、全てが初めての非常事態。その避難所で、人々がどう理解し合って助け合えるかがペット防災のキモのようだ。

また、今年4月に発生した熊本地震のように、震度7を超える地震が同じ地域を2度も襲うような事態のなかでは、耐震対策さえしておけば万全とは言えないが、少しでも被害を減らすために、その心得を教えていただいた。

「動物防災の3R」、ハードと共にソフトの準備を

アナイスが提唱している「動物防災の3R」とは、

・Ready(備え)

・Refuge(避難生活)

・Responsibility(責任)

「Readyには、ハード(物)の備えと、ソフト(方法や考え方)の備えが必要であることを知っていただきたいです」と、平井さん。

ハード面ではまず、安全が確保できる自宅の耐震化などを行うこと。飼い主が無事でなければ同行避難もできないので、まずは人の安全を確保することが重要だという。その上で、

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。