ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スター・トレック』最新作ではエンタープライズ号が壊滅・・・!クルーたちの緊迫感がスゴすぎる脱出シーン映像到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『スター・トレック』最新作ではエンタープライズ号が壊滅・・・!クルーたちの緊迫感がスゴすぎる脱出シーン映像到着

ジャスティン・リン監督と、J.J.エイブラムスが強力タッグを組んで世におくる大人気シリーズ最新作『スター・トレック BEYOND』がいよいよ10月21日(金)に公開される!壮大な宇宙を舞台に、疾走感溢れる展開と、MEGA MAX級と言わざるを得ない超ド迫力で”規格外”なアクションが観るものの心を踊らせる映画として完成した本作において、脚本上の大きなポイントとなるのは、なんといっても宇宙船エンタープライズ号の壊滅。この度、迫りくる脅威になす術なく、エンタープライズ号から脱出するクルーの姿を捉えた劇中クリップが到着した。

https://youtu.be/hMIOVy44Jew

宇宙最恐の敵クラール(イドリス・エルバ)に率いられた無数の攻撃機がエンタープライズ号に襲い掛かかったことで、エンタープライズ号は壊滅され、艦内に残っているクルーは次々に脱出していき離れ離れになってしまうという、緊迫感溢れながらもその映像の迫力に思わず息をのんでしまうこと間違いなしのシーンだ。

前二作を手がけたJ.J.エイブラムスからメガホンを引き継いだジャスティン・リン監督は、『ワイルド・スピード』シリーズで知られるが、今回は、自身が得意とするアクションシーンをふんだんに取り入れながらも、独自のこだわりを見せている。それについて、ジャスティンは「この旅には多くのアクションがつきまとう。それは事実だけど、お決まりのアクションにはせず、真の障害として描きたいと思っている。こうしたシーンの多くで、キャラクターの生のリアクションを目にすることになる。今回のアクションの多くはとても生々しいもので、それぞれに感情を抑制するものがないから、キャラクターたちの人となりが随所に垣間見える」と説明。

また、エンタープライズ号の壊滅シーンに関しては、今持てる力をすべて注ぎこんだと明かすジャスティン。「総力を結集して質感まで見事に表現した。テレビのような小さな画面で見ていたら”壊れてるね”と他人事に感じるだけだ。音響ひとつ取っても生々しい感覚がある。細部に至るまで全て考え抜いて作られてる」と語っている。

また、エンタープライズ号が壊滅した後も、危険はどんどん大きくなっていくと明かすのは、本作ではプロデューサーを務めるJ.J.エイブラムス。J.J.は、その展開こそが見どころだと語る。「エンタープライズ号がズタズタに破壊されたあと、乗組員たちはあちこちに散らばってしまい、それぞれが生き抜き再集結を目指すことになる。それぞれがペアに別れて共通の目標に向かって力を合わせるのを目にするのは素晴らしいことだ」。

迫りくる脅威に為す術なく、エンタープライズ号を壊滅に追い込まれたクルー達。散り散りとなったクルー達は無事再会を果たすことができるのか? 仲間を信じ、力を併せて困難に立ち向かうクルー達の姿は必見だ。

映画『スター・トレック BEYOND』は10月21日(金) 全国公開


(c) 2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc.

■映画『スター・トレック BEYOND』公式サイト
startrek-movie.jp

関連記事リンク(外部サイト)

野村克也VS張本勲の暴走老人対決!ノムさんが口撃「喝いれる資格ない」「人の事言えるか」
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
BRAHMANのTOSHI
新大食い王・MAX鈴木がメチャクチャ強すぎると話題に 史上初の新人で完全優勝、ジャイアント白田も認めた!
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。