ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・フー、直球ロックンロールで2時間越えのセットを全力疾走 / 【デザート・トリップ】3日目ライブ・レポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スタート予定15分前のタイミングでスピーカーから「プリーズ ウェルカム、ザ・フー!」というアナウンスがあったので一瞬観客の顔に「えっ、もう始まる?」という困惑があったものの、ライブのスタートを見逃したくないという思いで急いで座席に移動すると、スクリーンには「KEEP CALM HERE COME THE WHO」の文字がスクリーンに。最終日ということでオンタイムで始められるように観客への呼びかけだったのだろうと考えながら、そこから結局15分待って定時スタート。

 1曲目の「I Can’t Explain」から「The Seeker」へと、初っ端から爆音炸裂で爽快、そしてバンド・メンバーが作り出すグルーヴ感が気持ち良くて不思議と笑みがこぼれてくるのだ。「Who Are You」では思わずコーラスを軽快に口ずさんでしまう。続く「The Kids Are Alright」では、音源では当時のレコーディング技術を考えるとレトロに聞こえるのは仕方ないことかもしれないが、それとは対照的にライブ演奏は全く古さを感じさせず演奏もさらにアグレッシブでテンポも躍動感があってライブの醍醐味を堪能させてくれる。

 MCでは「今回の出演者はみんな友達だし、お互い50年以上もこの業界でやってきたんだ。これって、ラヴ、ピース、そしてハーモニーだよ。そしてその中でもロジャー・ウォーターズはスペシャルな存在なんだ」というピートの言葉に、この日のザ・フーとロジャー・ウォーターズという2組の組み合わせの特別感と必然性を目撃できることにライブ中にもかかわらず何とも言えない幸福感と期待で体がブルブルしてしまった。

 「I’m One」ではピートがヴォーカルを担当し、その後ロジャーが「やっぱりロックだよな!」と「The Rock」がスタート。まさにロックロール一色というパフォーマンス。「Love, Reign O’er Me」ではロジャーの高音と低音の広範囲のヴォーカルに観客から拍手喝采。

 「Baba O’Riley」からは観客が総立ちになり、そして最後はあの特徴的なキーボードとギターのイントロで「Won’t Get Fooled Again」。ラスト数曲目からピートの眉間あたりからギターが当たったのか流血していたようだが、そんなことも全く感じさせない全速力で走り抜けた、あっという間の2時間のセットだった。今日の公演で50周年記念ツアーがラストだったようだが、この日のセットリストはこれまでのザ・フーのヒット曲を網羅するかのような素晴らしく、演奏した曲のほとんどが『The Who Hits 50!』に収録されているというなんとも贅沢な内容だった。

Live Photo: Kevin Mazur for Desert Trip

◎公演情報
【Desert Trip】
2016年10月7日(金)~9日(日)、10月14日(金)~16日(日) ※現地時間
出演:
10月7日&14日(金) ザ・ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン
10月8日&15日(土) ポール・マッカートニー、ニール・ヤング
10月9日&16日(日) ロジャー・ウォーターズ、ザ・フー
INFO: http://deserttrip.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ポール・マッカートニーがリアーナやニール・ヤングら飛び入りゲストとの共演で魅せた唯一無二の存在感 / 【デザート・トリップ】2日目ライブ・レポート
ニール・ヤング、度胆を抜かれた70歳の若々しいパフォーマンス / 【デザート・トリップ】2日目ライブ・レポート
ボブ・ディラン、いつもと変わらない孤高のパフォーマンス / 【デザート・トリップ】2週目初日ライブ・レポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP