ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中のインディーキッズたちの注目の的! デンマーク出身のバンド・コミュニオンズ『Blue』で来年2月にデビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫
世界中のインディーキッズたちの注目の的! デンマーク出身のバンド・コミュニオンズ『Blue』で来年2月にデビュー

 アイスエイジ(Iceage)らとともに、今話題のコペンハーゲン音楽シーンを牽引する最重要若手バンド、コミュニオンズ(Communions)。待望のデビューアルバム『Blue』が、2017年2月にリリースされる。

 コミュニオンズは、MartinとMads Rehof兄弟、高校からの友人Jacob van Deurs FormannとFrederik Lind Koppenの4人で2014年に結成され、地元・デンマークのコペンハーゲンで活動を開始。当時17歳~21歳と言う若さと、「ストーン・ローゼズ×ザ・リバティーンズ」と評されたサウンドで瞬く間に世界中で話題に。これまでにシングル2枚、EP2枚をリリースしており、ここ日本でも7インチ『Communions EP』は予約の時点で完売となった。

 そんな彼らのデビューアルバム『Blue』は、ノワール・ポップからの影響を力づくでギター・ポップサウンドに昇華させたかのような爆発力を見せつけ、以前よりクリアにより響く歌詞と、より力強く成長した彼らの若さゆえの衝動性が研ぎ澄まされた、センスの光るアルバムとなった。

 なお、Soundcloudでは収録曲「Got To Be Free」が公開されている(http://bit.ly/2dpy2gQ)。

◎デビューアルバム『Blue』(ブルー)
2017/2 RELEASE
01. Come On, I’m Waiting
02. Today
03. Passed You By
04. She’s A Myth
05. Midnight Child
06. Got To Be Free
07. Don’t Hold Anything Back
08. Take It all
09. It’s Like Air
10. Eternity
11. Alarm Clocks
レーベル:Fat Possum / Hostess
※商品情報後日発表

関連記事リンク(外部サイト)

弱冠20歳で世界人気No.1&推定年収16億円DJに! マーティン・ギャリックスが7日連続サプライズリリース実施
バーディー、弱冠20歳にして欧州を席巻する歌姫が初来日決定
Song Review: 2016年大ブレイクに期待!弱冠17歳の個性派SSWデイア「ハイド・アウェイ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。