ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大切な人と二人で入りたい♪絶景露天を楽しむオススメ宿【全国】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大切な人の誕生日や結婚記念日、そんな特別な日にぜひ訪れたいおすすめの絶景露天がある宿をご紹介!

原生林に囲まれ海に突き出した岬から景色を楽しめる露天風呂や、蒲田川の激流を間近に眺められる露天風呂など、是非とも訪れたい宿ばかり。

さらに貸し切りできるので、二人で同じ景色を見ながらゆっくりと語り合えば、いつもとは違う旅の思い出が作れそう。

御宿 The Earth【三重県鳥羽市】

岬の突端の隠れ家宿に大海原を独占する露天あり。

浴槽は先に進むにつれて深くなっているので、体を湯にあずけきり浮力を感じる湯浴みを楽しむことができる入浴後はデッキのチェアに腰かけ、雄大な海を望みつつ湯ざましを太平洋を一望する原生林の岬で、「地球の輪郭」と「自然の共存」を実感できる

「Healing」60分3240円(チェックインの際に予約)

「嵐を観る宿」という特異なキャッチフレーズを持つ「御宿 The Earth」。なるほどそのロケーションを見れば、誰もが納得してしまうことだろう。5万4000坪の原生林に囲まれ海に突き出す岬の先端に位置。太陽も雨も風もすべて受け入れ、まさに地球そのものを感じることで、ありのままの自分を取り戻すことができる宿である。そこに2015年4月に誕生したのが、貸切風呂「Healing」。正面に海を眺めながら湯に浸かり、ふと天井を見上げてみると、そこには天の川が流れているという趣向。遊び心も楽しい半露天風呂である。 御宿 The Earth(ジ アース)

TEL/0599-21-8111

住所/三重県鳥羽市石鏡町中ノ山龍の栖

料金/1泊2食3万6978円~

アクセス/電車:近鉄鳥羽駅よりタクシーで25分※無料送迎あり(要予約)

車:伊勢道伊勢ICより45分

「御宿 The Earth」の詳細はこちら

美ヶ原高原雲上の一軒宿 王ヶ頭ホテル【長野県松本市】

標高2000m超えの山頂に佇む宿の露天風呂は美ヶ原を眼下に望む。

湯船にはこだわりの「木曽ヒノキ」を使用。気候に恵まれれば雲海やご来光も観られることも雲上に浮かんでいると錯覚してしまう…

「雲上の貸切露天風呂」無料(空いていれば自由に利用可能)

美ヶ原山頂で孤高な姿を見せる「王ヶ頭ホテル」。360度の大パノラマを誇り、日本百名山のうち41もの山々が視界に入るというから驚き。その絶景を求めて山岳愛好家や写真家が引きも切らず詰めかけるというのもうなずける。毎日午後5時頃にロビーでサービスされるシャンパンも好評。泡立つグラス越しに、浅間山、八ヶ岳、富士山などを眺めるひとときは格別だろう。さて人気の貸切露天風呂は、24時間空いていれば自由に利用できる。美ヶ原の多彩な美景に見惚れてしまって、のぼせないように気をつけたい。 美ヶ原高原雲上の一軒宿 王ヶ頭(おうがとう)ホテル

TEL/0263-31-2751

住所/長野県松本市入山辺8964

料金/1泊2食1万6800円~

アクセス/電車:JR松本駅より無料送迎バスで1時間15分※運行時間など詳細は問合せ

車:長野道岡谷ICもしくは松本ICより1時間30分※ホテル周辺は自然保護区域のためマイカー禁止。駐車場からバスで送迎

「美ヶ原高原雲上の一軒宿 王ヶ頭ホテル」の詳細はこちら

よしが浦温泉 ランプの宿【石川県珠洲市】

能登半島国定公園内に設けられた湯船でプール越しの海絶景を。

まるで額縁に飾られた絵のような眺め。季節や時の移ろいでその表情は変化する岬の突端に位置している温泉宿は、館内の至るところから、海の絶景が眺められるよう配慮されている

「波の湯」50分3000円(チェックインの際に予約)

のと里山空港から車を走らせること1時間半あまり。能登半島の先端、海辺ギリギリという特異な立地で約450年前から営みを続けてきた秘境の宿に到着する。能登半島国定公園の中に建っているだけあって、あたりは手つかずの自然。大小様々、荒々しい岩の数々が、潮の満ち引きとともに姿を消したり現したりする様子は決して見飽きることがない。「波の湯」と名付けられた貸切風呂は、全長100mのプールに浮かぶ2階建てというユニークな造り。湯疲れしてきてきたら、2階の展望台へ。プール越しに観る日本海の姿もまた趣が深いのだ。 よしが浦温泉 ランプの宿

TEL/0768-86-8000

住所/石川県珠洲市三崎町寺家10-11

料金/1泊2食1万9500円~

アクセス/電車:珠洲駅よりバスでよしが浦より徒歩15分

車:能越道能登空港ICより1時間

「よしが浦温泉 ランプの宿」の詳細はこちら

槍見の湯 槍見舘【岐阜県高山市】

白い飛沫をあげる蒲田川の激流を手が届きそうな湯船から観賞する。

目前には北アルプスから滑り落ちてきたような蒲田川の激しい流れ母屋は築200年の庄屋屋敷を移築してきたという、渓流沿いの宿。温もりある空間で旅人を出迎える

「渓流の湯」無料(空いていれば自由に利用可能)

北アルプスの絶景の美しさを愛で、槍ヶ岳に見守られながらの非日常のひとときを楽しめる「槍見舘」は、奥飛騨温泉郷新穂高温泉に佇む一軒宿。写真の「渓流の湯」以外に3つの貸切露天風呂と2つの混浴露天風呂、女性専用露天風呂に足湯などが清流・蒲田川沿いに点在しており、それぞれの異なった景色や個性的な意匠も手伝って、常に新鮮な気持ちで良質の温泉を楽しむことができる。これからの紅葉、雪化粧と装いを変える山肌を眺めつつの入浴は格別だ。 槍見(やりみ)の湯(ゆ) 槍見舘(やりみかん)

TEL/0578-89-2808

住所/岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂587

料金/1泊2食1万8510円~

アクセス/電車:JR高山駅より新穂高温泉行バスで中尾高原口より徒歩5分

車:中央道松本ICより1時間30分

「槍見の湯 槍見舘」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

紅葉の時期は今!2016年岐阜のオススメ紅葉スポット
旅行のプロがおすすめ!テーマで選ぶ秋旅6選【関東・東北】
ご当地グルメなど魅力あふれる大阪のおすすめスポット20選をご紹介。11月は大阪でデートしよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP