体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ一流講師が提案! 残り時間をムダにしない!センター試験対策!【山内恵介先生:数学ⅡB編】

夏を乗り越えてセンター試験まで、もうひと頑張り!…のはずなのに…何をやっていいか分からない…、センターで8割以上取りたいのに、結果がでなくて少し不安な声も…?10月以降は、もうひと伸びする大事な時期。センター試験対策も短い時間でギュッと、効率良く自分の力にしたいところ。そこで、放課後版編集部はスタディサプリの一流講師陣に「8割以上を目指す」センター試験対策を教えてもらいました!第6回目 は数学ⅡBの山内先生です!

捨てるべきところは捨てる! その覚悟があれば8割が見えてくる

(要するに) 「微分・積分」だけを勉強する強化月間をつくろう!! 過去問は問題ごとの繰り返しが大事!!大問を通じた流れをつかめば8割が見えてくる 1分間考えて分からなかったら、次へ進む覚悟を!

まずは現実と向き合う。そして微分・積分から攻略していくのがGOOD!

Q.センターの数学ⅡBで8割を取るには何が必要ですか?

まず知っておいてほしいのは、数ⅡBは「チャレンジャー」として臨むべきだということです。数ⅠAが努力次第で満点も狙えるのに対し、数ⅡBはそもそも時間内に終わらせることだけでも難しい。どうやって時間内に一通り終わらせるかというレベルです。他の教科との兼ね合いもありますが、現実的にどれくらい数ⅡBに勉強のウェイトをかけられるのか、そこから考えて8割を狙いにいくか検討する必要がありますね。

それでも8割を狙うと決めたら、そこで重要になってくるのが「微分・積分」です。例年の配点では100点満点の30点を占めるわけですから、明らかに得点配分が高い。ここを大きく落としてしまうと、8割を取ることはほぼ不可能。ほかの問題でカバーできるなんてことはまずない。だから苦手な人も、微分・積分は絶対に取りきらなければならない最重要ポイントです。

とはいえ、微分・積分には特有の難しさがあります。それは最初から最後まで途切れることなく流れで解かなければいけないということ。他の分野も同様ですが、配点が高いがゆえに、1箇所つまずくと、それ以降の得点すべてを大きく失ってしまうことにもなりかねない、そんなリスクを含んでいます。

微分・積分を〝やらない日〟を作らない

Q.微分積分を攻略する方法はありますか?

演習を重ねていく必要があるのですが、その前に微分・積分が苦手だという人は考え方の土台がかけている可能性があります。もしそうなら、そのまま演習に入ってはいけません。まずは参考書やスタディサプリの講座で解き方を学ぶべき。解き方を学ぶインプットと演習を繰り返すアウトプットは、はっきりと段階を分けるべきです。

そもそも数ⅡBの問題では、問題文に書いてない問題の流れや行間を読むといったテクニカルな考え方も求められます。問題文や誘導は省略されている、ということを念頭におき、その行間を埋めて問題を解く方法や考え方を身に付けたい人には、「センター対策講座」は重要になると思います。また、取り掛かる時期は、早ければ早い方がいい。10月に入ってからセンター対策を始めたなら、まずやるべきは微分・積分。ノートを見るだけ、教科書を読むだけでもいいから、センターⅡBの対策を行う日の中で、微分・積分をやらない日を作らないように。たとえば10月は微分・積分しかやらないと振り切って、強化月間にするのも有効かもしれません。それくらい微分・積分は重要なんです。


「同じ問題の繰り返し演習は意味がない」は大間違い!

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会