ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真・ビデオを撮ってすぐにシェア! ウェアラブルカメラ「MeCam NEO」は腕時計サイズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何気ない日常の様子を撮影するツールとしてライフログカメラがある。

身につけたりバッグにしのばせたりするシーンが多いため、小型であることが必須要件だが、このほど登場した「MeCam NEO」はその要件を軽くクリア。

なんと腕時計ほどのサイズで、衣服やバッグにつけるだけでなく、吸盤やマグネット、粘着テープであらゆるところに設置して撮影できる。

・専用ケースでアクションカメラに!

衣服につけてライフログカメラとして使っても楽しいが、MeCam NEOは他にもさまざまな使い方ができるのがメリット。

例えば、キッチンにマグネットでつけて料理の様子を録画して配信してもいいし、窓ガラスに粘着テープで固定して街の様子のストリーミングに活用するのもありだ。

専用の防水ケースとマウントを使えば、アクションカメラとして使うことも可能となっている。

・タイムラプス撮影モードも

画質の設定や画角の調整、モードの選択などカメラのセッティングやプレビュー閲覧は専用アプリで行う。ちなみに、MeCam NEOではタイムラプス撮影もできる。

カメラのスペックはというと、画角は最大120度、8メガピクセルのセンサーを搭載していて30fpsのフル高画質で撮影できる。1回の充電で75分作動する。

MeCam NEOは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募っていて、今なら129ドル(約1万3000円)で入手できる。

すでに目標額は達成しているので商品化はほぼ確実な情勢。11月17日まで出資を受け付け、年内に発送が始まる見込みだ。日本へはプラス20ドル(約2000円)で配送してくれる。

MeCam NEO/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2671808/video-714914-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP