体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サーバントリーダーとは?組織を強くする「支援型リーダー」10の特徴

皆さんの会社の上司はどんな人ですか?「俺に付いてこい」の「ワンマン型」リーダーでしょうか。それとも活動方針をチーム内で話し合って決める「民主型」リーダーでしょうか。または、あまり会社にいない「放任型」リーダーでしょうか?

組織が目標を達成する上で、リーダーの果たす役割は重要です。リーダーシップにはさまざまなタイプがありますが、最近では「サーバントリーダー」という新しいリーダー像が注目されています。

f:id:tany_tanimoto:20160801165428j:plain

部下を支える「サーバントリーダー」

サーバントリーダーの「サーバント」とは本来、「使用人」「召使い」という意味です。「リーダー」とは正反対の言葉ですが、「サーバントリーダー」と一語にすると、「支援型リーダー」「奉仕型リーダー」と訳されます。ワンマンタイプで部下を引っ張る「支配型リーダー」ではなく、「部下を支え、チームに奉仕するためにリーダーが存在する」という考え方です。

支配型リーダーの組織と比べると、サーバントリーダーがいるチームでは、部下が自由に発言しやすくなり、コミュニケーションが円滑になります。その結果、進むべきビジョンと行うべきミッションがチーム全体に共有され、メンバーはリーダーから「命令」されて行動するのではなく、自分の「課題」「問題」として主体的な取り組みを開始します。メンバーがモチベーション高く、前向きに動くことで、チーム全体の組織力が向上し、目標を達成できるようになるというのがサーバントリーダーの役割であり、「サーバント・リーダーシップ」です。

つまり、サーバント・リーダーシップの目的は、あくまでも目標達成です。部下を支援、奉仕するというのは、「部下の言うことを何でも聞く」という意味ではありません。部下がビジョンとミッションから外れた言動を取った場合、サーバントリーダーは厳しく指導し、改善を促します。

サーバントリーダーの10の特性

「NPO法人 日本サーバント・リーダーシップ協会」によると、サーバントリーダーには10の特性があります。自分はいくつできているかチェックしてみましょう。

●傾聴

メンバーの話をしっかり聞き、リーダーとしてどうすれば役に立てるかを考える。

●共感

完璧な人間などいないという前提を十分認識した上で、相手の立場に立って相手の気持ちを理解する。

●癒し

相手が失敗して落ち込んでいるときやチームの成績が上がらないときに元気づける言葉をかけ、本来の力を取り戻させる。

●気づき

偏見にとらわれずに相手と接し、気づきを与えることができる。

●納得

命令ではなく、相手のコンセンサスを得て納得を促しながら話を進める。

●概念化

個人やチームとしてのビジョンを明確に示し、相手に伝えることができる。

●先見力

チームの現状を俯瞰するとともに、現在と過去の出来事と照らし合わせながら、これから起こる出来事・問題を予測する。

●執事役

自分の利益よりも、相手に利益を与えることに喜びを感じる。

●成長への関与

相手の潜在能力に気づき、成長を促すことに日頃から積極的にコミットする。

●コミュニティづくり

愛情と癒し、思いやりの気持ちで満ちていて、メンバーが大きく成長できるコミュニティをつくる。

――この中で最も大切なのが、一番上の「傾聴」です。リーダーがメンバーの話にしっかり耳を傾けてこそ、チーム内のコミュニケーションが活性化され、部下の潜在能力を見抜いて成長を促し、問題や課題を早期発見して解決に結びつけることができるからです。

サーバント・リーダーシップの導入事例

サーバント・リーダーシップを実際に導入し、成功している事例をご紹介します。

●サウスウエスト航空

『世界でいちばん従業員を愛している会社』という書籍も出版されているアメリカのサウスウエスト航空では、「全従業員がリーダー」「従業員が一番大事。顧客は二番目」というポリシーを掲げるなど、サーバント・リーダーシップが全社的なカルチャーとして浸透しています。それは、顧客といつも接しているのは従業員であり、従業員を支援することが企業や株主を繁栄させ、顧客満足につながるという考え方からです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。