ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福岡ブラックホール説に異論 転入者が不満を爆発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本三大都市」はどこか──。しばしば論争になるのは、「東京、名古屋、大阪」か「東京、横浜、大阪」か問題だ。人口・市内総生産とも横浜が名古屋を上回るのに対し、河村たかし・名古屋市長が「東京と横浜は印象として一緒、名古屋が日本三大都市でなんで批判されにゃあならんの?」(『週刊ポスト』8月19・26日号)と発言し、一歩も譲らない。

 だが、実は日本にもう一つ、自分たちこそ三大都市の一角だと“思い込んでいる”地域がある。福岡市民だ。福岡市は人口では東京を除いて全国5位、市内総生産でも5位と数字上は三大都市にほど遠いが、少なからぬ福岡市民は、「福岡が日本三大都市の一つ」と信じてやまない。

 それがまかり通るのも、彼らの郷土愛が強すぎるゆえ。福岡市出身の漫画家、倉田真由美氏も「福岡より都会って言ったら東京と大阪しかないじゃないですか?」と“三大都市伝説”を当然のように支持した上で、郷土愛を熱く語る。

「福岡はいいところばかりですよ。働くなら東京がいいけど、暮らすには福岡がいい。海がキレイで山もあって、コンパクトに都市があり、何もかもある。魚、肉、野菜、生鮮食品がとてもおいしい。地元愛を強調しすぎと言われるけど、だって、本当にいいとこなんだもん。悪いとこがあったら言ってみて、って感じですね」

 たしかに、福岡の暮らしやすさは世間も認めるところ。一昔前のサラリーマンは、福岡・博多に単身赴任する男性を「博多チョンガー」(独身男性の意)、略して「博チョン」と呼び、メシがうまくて美女が多い博多での単身生活を羨んだ。

 最近ではさらに、住み心地が良すぎるため、転勤してきたサラリーマンが本社に帰りたくなくなってしまう現象として「福岡ブラックホール説」まで唱えられている。

 ただし、この「ブラックホール説」にも異論が出ている。今年8月、福岡市に本社を置く西日本新聞の経済電子版に掲載された、「転入組にあえて聞く『本当は福岡が嫌い?』『福岡ブラックホール説』には盲点があった」という記事が、福岡市民に衝撃をもたらした。

 市外からの転入者に本音を聞く匿名座談会で、「福岡は好きか」の問いに出席者たちは迷わず手を挙げたものの、次に「本当は福岡に嫌いなところがある人は」と聞くと、「博多弁で心の距離を近づけてくる」「車の運転や地下鉄のマナーが悪い」など次々に不満が爆発したのだ。

 しかも、出席者はみな九州出身者で、東京出身者からは「価値観を押しつけられるのでは」「論破されそう」といった理由で取材を断わられたという。記事はこう結ばれる。

〈転勤者を魅了する街、福岡。しかし、同時に、地元愛からなのか、市外の人が「ノー」と言いづらい土壌を、無意識につくりだしてはいないだろうか。たとえば、ラーメン。「豚骨に限るやろ」。街を訪れた人に、そう“強要”することはなかっただろうか。「僕は醤油が」という声を、否定することはなかっただろうか〉

 批判さえも許さないほどの郷土愛──それが「博多っ子純情原理主義」なのだ。

※週刊ポスト2016年10月28日号

【関連記事】
博多の屋台 独のグルメ誌編集長も「ファンタスティック!」
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も
福岡で鉄砲扱う店の一角の「当たる」と評判の宝くじ売り場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP