体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【地方グルメ】旅行に行ったら絶対に押さえたいローカルフード3選【札幌・博多・沖縄】

f:id:Meshi2_IB:20160820004556j:plain

バモス! サッカー観戦で地方遠征する度に名物を食い尽くし「イナゴかよ」と他サポに恐れられている某チームサポのメシ通編集部です。

だって、どこに行っても美味しいものがあるんですよ。東京ではなかなか出会えないようなものが。しかも、安い! という。そんな素晴らしい地方グルメ、『メシ通』は総力を挙げて探してます!

まずは、北海道札幌。試合にフェスに、何かと理由をつけて行きたいグルメ天国です。

ジンギスカン王国・北海道に新たな旋風 ポッケの「塩ジンギスカン」で味わう素材のうまみ!

ジンギスカンといえば、言わずと知れた北海道のソウルフードですが、北海道の人たちからしても「そうきたか! 」と驚くメニューがススキノで人気を集めています。そのメニューを出すお店は、「ぽっけ」。さっそく行ってみました。

f:id:Meshi2_IB:20160820005901j:plain

大きく分類して「生ラムジンギスカン」と「味漬けジンギスカン」に分けられる北海道のジンギスカンですが、ここにきて、「塩ジンギスカン」なるものが登場したというのです。

まずは定番の「オーストラリア産生ラム」(650円)をオーダーします。

f:id:Meshi2_IB:20160820004556j:plain

新鮮は生ラムなので焼きすぎは禁物。端がうっすらピンク色を狙います。漬けダレにつけて、まずはひとくち!

おぉぉ……。めちゃくちゃ美味しい! 柔らかいなんてもんじゃないですよ!臭みは全くなく、ラム肉の濃厚なうま味が脂と溶けだします。

ラムの臭いが苦手という人もいますが、ここのジンギスカンから探し出すのは至難の業でしょう。新鮮で信頼できるお肉を仕入れ、それを丁寧に手切りすることで、最高の状態でお客さんに提供しているとのこと。

そしていよいよ、お店1番人気の「塩ジンギスカン」(650円)です!

f:id:Meshi2_IB:20160820011109j:plain

黒ゴマ入りの塩ダレが絡んでいます。

ポッケのジンギスカン鍋は炭火焼。余分な脂は鍋の穴から落ちていくので、ヘルシーにいただけるのも魅力です。てっぺんのラードがじんわりと流れて、野菜も甘く焼き上がります。

f:id:Meshi2_IB:20160820011618j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy