ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏はMC、冬は旅人、家では妻、わがままな人生を成立させるコツ / MCコジマサトコ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夏はMC、冬は旅人、家では妻、わがままな人生を成立させるコツ / MCコジマサトコ

アニメ・CMのナレーションや夏フェスで大人気のMCコジマサトコさん。前回のインタビュー後、中米スペイン語留学に訪れていました。

 

4ヶ月間の留学を終えて、帰国されたコジマさんにお会いすることができたので、夏の仕事、冬の旅、そして家では妻として3つの人生を成立させ、やりたいことを叶え続けるコツを聞いてきました。

コジマサトコ
高校時代オーストラリアNortham Senior Hign School 修了後日本へ帰国。
ラジオパーソナリティとしてメディアの世界へ。
MTV、avex、TVtokyo等大手メディア企業でのレギュラー番組・ライブMCを担当、タレントトークショーや外国人タレントインタビューアーとしても活躍。
2010年に女1人世界一周を敢行、その後も中東・南米・アフリカを中心に女1人で60ヶ国以上の海外バックパッカーを経験する。
メディアサイドでマイクを持つ仕事の利点を生かし、ボランティア団体にも所属、海外経験や震災の現状を雑誌メディア等で語る。ハチャメチャ元気なハスキーボイス。ライブMCは年間100本以上通算1800本!(参照:whoopee project

 

夏はライブMC、冬は旅人

Earth Day Tokyo

↑アースデイ東京@代々木公園でのMC。

熊本サマーインパクト

↑熊本のフェス「サマーインパクト」でのMC。熊本に魅せられて、この後何日も滞在してしまいました。笑

 

今年も夏は仕事をします!毎年5,6月から始まって、長くて11,12月頃までの間は、日本でライブMCやナレーションの仕事をしています。半年日本、半年海外です。

 

寒いのがますます苦手になって、ますます避けるようになりました(笑)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑タイで髪を編んでもらっているところ。髪を洗う回数が少なく済むので(笑)どこかでドレッドかブレイズにして旅したりします。

 

たまに、冬に仕事が入って一時帰国することもありますが、今回のスペイン語留学はスペイン語しか使えないところで語学を習得しようという目的だったので、甘えずに帰らないようにしようという決意をしていました。

 

-いまのライフスタイルは自然にできたものですか?

冬はあまり人気ないんです、わたし(笑)。声質のせいか、春〜夏にオファーをいただくことが多いことが、いまのスタイルになったきっかけです。

 

でも、年間を通してナレーションやパーソナリティーをお願いしますというご依頼も有難いことにあったりするので、それをお断りして旅に出るのは、申し訳ない気持ちもたくさんあり、今でも勇気がいります。

 

もし、干されたら

↑★08★トルコ・イスラム教モスクにて。

↑トルコ・イスラム教のモスクにて。大判スカーフは世界中で役に立ちます。

 

旅行から帰国して、仕事がなかったらどうしようって初めは悩みました。

 

でも、それに怯えていたら何もできなくなると感じたから、干されたら自分の立場にこだわらず何でもやればいいじゃん!とプライドを捨てることから始めました。

エチオピアのバンナ族と

↑エチオピア・バンナ族と。言葉も文化も肌の色も違うけれど、それを超えたコミュニケーションは最高です。

 

いまはわたしのスタイルを「気持ちいいね!」と認めてくれる方もいらっしゃって、「帰ってきたら一緒に仕事やろうね」と言っていただいてます。

本当にありがたいことですよね。

 

旦那さんはコジマさんがいなくて寂しがりませんか?

Back Camera

↑サハラ砂漠。初めて見た砂漠は感動しました。

 

昔は旅が原因で離婚しそうになってました(笑)。 わたし自身も「結婚してから、旅ばっかり行って申し訳ないな」という気持ちはありました。

 

28歳の頃に、30歳を目前に「30代の女らしくしなきゃいけない」と、とても焦っていました。

そしてそこから逃げたくて私は30歳を機に世界一周、年齢を気にしない生き方をしていこうと考えが変わりました。でもその頃には旦那が焦りはじめて「30代の夫婦らしくしなきゃいけない」と悩んでいたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑インドはいつもお祭りばかり。インド人はパリピ?!(笑)

 

なので、2人の考えにすれ違いが生じて、嚙み合わなくなっていました。でも、どこかで彼もはじけちゃったみたいです。

 

ある時、彼に「外で話そう」と呼び出されて、「ついに離婚宣言されるか」と思っていたら、「これでいいんだよね。勝手に30代らしくしなくちゃいけないと思ってたけど、僕たちはこれで良いよね」と伝えられて、お互いのやりたいことを応援できるようになりました。

 

今となっては、半年地球内別居(笑)が定着して『結婚しているから、旅に行ける』という感覚です。

半年ぶりに会う時にはもっと成長した自分を見せたい!と頑張れますし、とてもいい関係だと思っています。

 

子供を産むか産まないか、すごく悩みました

33歳の時、既婚女性として「どうするべきなのか」「どうしたいのか」とても悩みました。

でも世間体やしがらみを0にして考えた結果、私は子供を産まない人生を選択したいと思いました。母性がないのかもしれない、女性としておかしいのではないかと混乱した時期もありました。

 

女性の皆様からは出産に関しては様々な意見があると思います。でも、これが自分の選択でした。せっかくこの選択をしたのだから、とことんワガママな人生を過ごそうと思ってます。

 

最後に

01 旅始めたての頃。

↑カンボジアにて。初めて陸路の国境越えをしたときは興奮しました。

 

とにかく周りの意見や常識を排除して、あなたがワクワクするものをあなた自身で感じてください。その方向に進んでいけばきっとうまくいくはず。

 

やりたいことのアンテナがうまく立たないときは、身近なことから叶えてみてください。それがやがて大きな夢になるかも。難しく考えないで、とにかくやっちゃえ!

関連記事リンク(外部サイト)

【女子必見!】旅行計画立てるならみるべきWEBメディア3選
バンクーバー発!女性にお勧めしたい美味しいレストラン4選
【ここだったんだ!】あのディズニー映画のモデルまとめ4選
大阪は世界一おもろい街になるのか?世界一周して考えてみた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。