体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハロウィンに簡単ローストビーフはいかが?残ればそのままローストビーフ丼に!

ハロウィンに簡単ローストビーフはいかが?残ればそのままローストビーフ丼に!

今月は秋最大のイベントであるハロウィンが待ち構えています。仮装して外に遊びに行く人もホームパーティーを予定している人も、今からソワソワしてるんじゃないですか?

というわけで、今回も前回に引き続き、ハロウィンパーティーで出したらめちゃくちゃ喜ばれること間違いなしの簡単ローストビーフをつくってみました。

【関連:ぎょろり…ハロウィンに最適な瓶詰め目玉ゼリーつくってみたよ】

簡単ローストビーフ

■材料

・牛モモ肉ブロック:300gから400g
・塩:小さじ1
・フリーザーバッグ
・耐熱性ポリ袋
・ラップ
・オリーブオイル

<ソース>
・にんにくチューブ
・酒:大さじ1
・みりん:大さじ1
・しょうゆ:大さじ2

<盛り付けに>
・柚子胡椒
・大葉

ローストビーフの材料

■つくり方

1:牛ももブロックの全面に塩を擦り込みます。今回は柚子胡椒を付けて食べるため省きましたが、普通につくる場合にはコショウも一緒に擦り込みます。

牛ももブロックの全面に塩を擦り込みます

2:フライパンにオリーブオイルを引いて牛ももブロックの表面に“好みの焼き色”をつけます。
※筆者はあまり焦げてないものが好きなので今回は軽い焼き色にしています。

表面に焼き色をつけます

3:2の粗熱を取ったらラップでぐるぐるに巻いてからフリーザーバッグに入れ、さらに耐熱性ポリ袋に入れます。

ラップ→フリーザーバッグ→ポリ袋

4:沸騰したお湯に入れて3分湯煎します。

3分ゆでる

5:火を止めたらポリ袋がしっかりお湯に浸かるよう皿などで重しをして蓋をして25分置きます。

6:牛ももブロックを焼いたフライパンに<ソース>の材料を入れて軽く沸騰させておきます。

<ソース>の材料を入れて軽く沸騰
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy