ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピーカー、浮かせちゃいました!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宇宙船のような半球体が、なぜか浮いている不思議なガジェット「Air Speaker2」。開発を手がけたのは、台湾で音響関連機器の製作を行っているASWYという会社で、過去にリリースした「Air Speaker」が、毎年ラスベガスで開催される世界最大級のIT&家電ショー「CES2015」にて、最優秀イノベーション賞を受賞するほどの注目ぶり。世界が絶賛する話題のガジェットが、ついに日本上陸を果たしました!

浮かせることでクリアなサウンドを実現

なんといっても「Air Speaker2」の最大の特徴は、空中に浮遊するスピーカー。浮くにもちゃんとした理由があって、一般的にスピーカーを直接床に置くと、スピーカーから発生した振動が床に伝わり、また床からの振動がスピーカーに伝わってしまうため、音が濁り、ボヤけた音になってしまうことがあるそう。そうした現象を防ぐために、スピーカー自体を浮かせることで、共振を限りなくゼロに近づけ、クリアかつダイナミックなサウンドを実現しています。

ヒミツは、磁石の反発力!

浮遊する仕組みを支えるのは、特殊な磁石。下部の台座に電磁石が内蔵されており、アダプターを通してコンセントにつなげることで、上部のスピーカーと磁石の反発を起こし、空中に浮遊します(非常に強い磁気なので、精密機器には注意が必要)。さらに、スピーカーに内蔵されたバッテリーは、台座からの非接触給電によって充電されるため、長時間の使用も、バッテリーを気にする必要がありません。

うまく浮遊させられないときには、補助ホルダーを使って簡単にセット

Bluetooth・マイク機能付き

スマートフォンとはBluetooth機能で簡単にペアリング。iOSやAndroidのスマートフォン、PCなど、Bluetooth機能がある端末であれば、どれでも使用可能です。また、スピーカー本体にマイク機能が搭載されており、音楽を楽しむ以外にも、ハンドフリーで通話を行うこともできます。

現在は通販ショップ「APP BANK STORE」にて、予約発売中。価格は24,800円(税込)。お部屋のインテリアとしても自慢できそうだ。

関連リンク

Air Speaker2

関連記事リンク(外部サイト)

プレゼントにいかが? 北欧デザインのオシャレでギークなバッグ型スピーカー
「財布がない!?」。顔面蒼白トラブルからあなたを救う、"絶対に忘れない財布"
【検証】iPhoneがスピーカーそのものになる! ハーレー屋さんが開発したiPhoneケースの発想がすごい

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP