ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

三波春夫がバーチャルで復活、「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」として「東京五輪音頭」「海の声」を配信リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
三波春夫がバーチャルで復活、「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」として「東京五輪音頭」「海の声」を配信リリース

ハルオロイド・ミナミ「東京五輪音頭」
エクシングとテイチクエンタテインメントは、三波クリエイツと共同で、昭和を代表する歌手であり、国民的歌手と謳われた三波春夫を、最新の音声合成技術により甦らせた「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」を発表し、その展開をスタートする。

第1弾シングルとして、1963年のヒット曲「東京五輪音頭」のリメイク版、およびカバー曲となる「海の声」を10月20日に配信リリース。さらに、YouTubeでは両楽曲のショートバージョンを、最新カラオケ機種「JOYSOUND MAX」、および「JOYSOUND f1」で楽しめる「うたスキ ミュージックポスト」では「東京五輪音頭」のフルサイズを、三波春夫をモデルにした「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」の3Dキャラクターが登場するオリジナル映像とともに視聴できる。

本開発においては、名古屋工業大学による最新の「統計的パラメトリック音声合成技術」を応用し、三波春夫本人の歌唱データをモデル化することで、あたかも本人が歌っているかのような自然で滑らかな音声を実現。この技術を用いて、実存した歌手の楽曲のリメイク版を制作し、リリースすることは業界初*の試みとなる。

この技術により、三波春夫の往年の声や、歌い方をさまざまな楽曲で再現することができるため、オリジナル曲にとどまらず、最新のヒット曲や話題曲をも、三波春夫が現代に甦ったかのような「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」に歌唱させることが可能となった。このたびのリリースを皮切りに、年内に第2弾のリリースを予定しているほか、出身地である米どころ新潟にちなんで、米粉を応援する楽曲のリリースも検討中とのこと。

さらに、10月19日よりWindows向け音声創作ソフトウェア「CeVIO Creative Studio S」向けのソングボイスとして「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」を無料公開。これにより、だれもが自由に好きな曲を「ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)」に歌唱させることが可能となる。

ハルオロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)公式サイト
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/hal-o-roid/

「東京五輪音頭」ショートバージョン

「海の声」ショートバージョン

「CeVIO Creative Studio S」について
http://cevio.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。