ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『6才のボク』、日本初公開となる23年前の名作『バッド・チューニング』も!新宿武蔵野館でR・リンクレイター監督「青春3部作」特別上映決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リチャード・リンクレイター監督の最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』が11月5日(土)より公開される。この度、本作の公開を記念して、新宿武蔵野館において”リンクレイター青春3部作“特別上映の開催が決定した。

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』の舞台は1980年の夏。野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイクが、新学期が始まる直前の3日間、個性的なチームメイトたちと、野球、女の子、流行りの音楽、パーティ、お下劣なジョーク…あらゆることに全力で打ち込む姿を描く青春グラフィティ・ムービーだ。


この度、本作とともに”リンクレイター青春3部作”として特別上映されるのは、『バッド・チューニング』と、『6才のボクが、大人になるまで。』。

『バッド・チューニング』


1976年のテキサスを舞台に、高校の夏休み最初の一夜を描く『バッド・チューニング』は1993年にアメリカで公開され予想外のヒットを記録するも日本未公開のまま現在に至るリンクレイター監督の青春グラフィティ・ムービー第一弾。実は、『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』は、製作発表時、「『バッド・チューニング』の精神的続編」として発表されたのだ。本作を青春映画ベストに挙げる映画ファンも多い名作で、クエンティン・タランティーノがオールタイムベストに挙げる作品。限定上映の企画があがること数知れずの隠れた名作が初めて映画館で上映される。

『6才のボクが、大人になるまで。』


リンクレイター監督の前作『6才のボクが、大人になるまで。』は6才の少年が成長する12年間を、実際に12年間の歳月をかけて撮影した作品で、2014年の映画賞を総なめにした。監督は、『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』について、「あの12年の続きになるような、大人の扉を開けるひと時を描いている」と語る。

新宿武蔵野館”リンクレイター青春3部作”特別上映詳細
11月5日(土)〜11月11日(金)『バッド・チューニング』
11月12日(土)〜11月18日(金)『6才のボクが、大人になるまで。』
※両作ともレイトショー

■金額 1,500円均一(税込み)
※『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』新宿武蔵野館の有料チケットの半券提示で1,000円(税込み)

『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』は11月5日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー!

(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

■『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』公式サイト
everybodywantssome.jp

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ビーチボーイズ、ブライアン・ウィルソンとは何者なのか?映画『ラブ&マーシー』
BRAHMANのTOSHI
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
すべてを亡くしたボクサーが家族のために生まれ変わる!ジェイク・ギレンホール主演の胸アツ映画『サウスポー』予告編
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP