ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 7.1に不要ファイルやアプリを一括で削除する機能と「スマートクリーナー」を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android 7.1 Developer Preview に、内蔵ストレージ上の不要ファイル・アプリを一括で削除したり、空き容量の逼迫を軽減する「スマートクリーナー」機能を追加導入しました。最初の一括削除機能は「空き容量を増やす」として実装されており、ここでは Google フォトの写真・動画、ダウンロードファイル、アプリを一括で削除できます。Android 7.1 では、メモリクリーナー系のアプリで定番の機能に加えて、Google フォトのバックアップ済みの写真や動画を削除できるほか、アプリについては、いちいち「削除」ボタンをタップすることなくアンインストールできます。「スマートクリーナー」はストレージの空き容量が少なくなってきた場合に、Google フォトにバックアップ済みの写真や動画を古いものから順に削除していく機能です。どちらも、設定メニューの「ストレージ」セクションのオーバーフローメニューから利用することができます。

■関連記事
KDDI、auショップやPiPitを訪問すると缶コーヒー「KIRIN FIRE EXTREME BLEND」がもえるキャンペーンを開始
Google Pixel / Pixel XLは開封時にNDE63Pビルドのアップデートを受信
SPOT、コインパーキングのリアルタイムな空き状況を確認できるサービス「Smart Park」の提供を開始、まずはiOS向けアプリを配信

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。