ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SPOT、コインパーキングのリアルタイムな空き状況を確認できるサービス「Smart Park」の提供を開始、まずはiOS向けアプリを配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SPOT がコインパーキングのリアルタイムな空き状況を確認したり、駐車料金のシミュレーションができるサービス「Smart Park」の提供を開始しました。まずは iOS 向けアプリが配信されていて、Android 向けにもアプリが配信される予定です。Smart Park はコインパーキングに設置された IoT センサーによるリアルタイムな情報がアプリに配信される仕組みとなっているサービス。ユーザーは今現在のコインパーキングの空き情報を確認できるほか、駐車予定時間を指定した駐車料金シミュレーションも行うことができます。Smart Park の優れているとこをはコインパーキングの運営業者に関わらず IoT センサーを導入しているコインパーキングであれば情報が表示される点です。これによりコインパーキング事業者ごとに配信されているアプリをインストールしなくても空き状況などを確認することができます。また駐車料金が上がる前に通知で知らせてくれるアラーム機能や、コインパーキングに向かっている際に満車になってしまった場合に通知してくれる「満車になったら通知」機能も実装されています。Smart Park はユーザーは無料でアプリをインストールして利用することが可能です。今現在は全国 45,000 件以上のコインパーキングが登録されていますが、満空検索ができるのは今のところその内の 13,000 件程度となっています。今後は Android 向けアプリのリリースのほか、自動車関連スポットへの IoT センサー配置や大型商業施設や百貨店との連携、駐車場予約機能などのサービス拡大が行われる予定となっています。Source : SPOT

■関連記事
KDDI、auショップやPiPitを訪問すると缶コーヒー「KIRIN FIRE EXTREME BLEND」がもえるキャンペーンを開始
Google Pixel / Pixel XLは開封時にNDE63Pビルドのアップデートを受信
Google、Android 7.1に不要ファイルやアプリを一括で削除する機能と「スマートクリーナー」を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP