ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミナミハルオ イズ バック!国民的歌手・三波春夫が音声合成技術で甦り新曲リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初音ミクを始めとして近年様々なシーンで音声合成技術が活用されるようになりましたが、音声合成技術を利用してあの国民的歌手が復活です。

その歌手とはハルオ ロイド・ミナミ(HAL-O-ROID)という名で甦る三波春夫さんです。

main-image

三波春夫さんは昭和を代表する演歌歌手で数々の名曲を残しました。「お客様は神様です」という言葉を産んだかたでもあります。2001年4月14日に病のため亡くなられました。

ハルオ ロイド・ミナミは三波春夫さんの音声を音声合成技術を使用し歌唱データをモデル化。日本調のこぶしの効いたバーチャルアーティストとしてデビューしました。

デビュー曲は三波春夫さんの名曲の一つでもある「東京五輪音頭」と、BEGINが作曲を行い、桐谷健太さんが浦島太郎役でCMで歌った「海の声」のカバー。亡くなられた後の曲を歌うというのはなんともバーチャルアイドルらしい試みですね。

視聴用の曲が配信されているので聞いてみると、確かに似てる!三波さんの実際の声をモデルにしているので当然なのですが、ここまで綺麗に聞こえるんですね。

今回のハルオロイド・ミナミのデビューに合わせて三波春夫さんの長女である三波美夕紀さんがコメントを寄せています。

1992年に、ヒット曲をハウスミュージック仕立てにして歌ったとき、三波春夫は、「オリジナルの歌のほうがいいのは当然ですが、もっと工夫してみよう、おもしろいものもつくってみよう、というのは、藝の道を歩む者の執念ですね」と、取材で語っておりました。存命でありましたら、ハルオロイドのデビューを、とても喜んだことでございましょう!

今回の曲で使用された音声データは無料公開されており、Windows向け音声創作ソフトウエア「CeVIO Creative Studio S」を使用することで自分でハルオロイド・ミナミに歌唱させることもできるそう。

ハルオロイド・ミナミのデビュー曲はレコチョク、iTunesで配信中です。

ハルオロイド・ミナミ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

松雪泰子が主演!川端康成の名作「古都」が山口百恵の引退作以来、36年ぶり映画化
レディ・ガガも使用!日傘としても使える海外発の和傘のようで美しいデザインの「sunBrelli」
可愛い文具もたくさん!京都の文房具にフィーチャーした文具紹介本「京都文具大全」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。