ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、10nmプロセスを採用した8GBモバイルDRAMを量産開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 10 月 20 日、今月より業界初となる容量 8GB のモバイル DRAM の量産を開始したと発表しました。Samsung の 8GB モバイル DRAM は 10nm プロセスの 16Gb LPDDR4 RAM モジュールを用いて構成されており、既存のモバイル用パッケージ(15mm x 15mm)の面積に搭載できる厚さ 1mm の薄型設計を採用しており、アプリケーションプロセッサに組み込むことも可能とされています。既存の 20nm プロセスで製造された 4GB のモバイル DRAM からだとプロセスの微細化により、容量が 2 倍に増えただけではなく、容量当たりの消費電力も 2 倍に向上しています。また、PC 用の 4GB DDR4(2133Mb/s)と比較すると、2 倍のリード・ライト性能(4,266Mb/s)を発揮すると言われています。今月より量産が行われているので、Samsung の次期フラッグシップスマートフォンはこれを搭載してくる可能性があります。Source : Samsung

■関連記事
Android 7.1 Developer Previewに待望の「再起動」ボタンが追加
KDDI、LTE対応auケータイ向け「スーパーカケホ」と0円スタートの新定額データサービスを11月9日に開始
任天堂、次世代ゲーム機 “NX” の公式映像を本日23時に公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP