体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【北海道】マッサンの舞台で作られる、売り切れ続出のこだわり自然派ワイン

NHK連続テレビドラマ「マッサン」で一際注目を集めた余市のウイスキー造り。ついついテレビの影響でウイスキーだけに目がいってしまいがちですが、実は余市で有名なのはウイスキーだけではありません。ワインだって、余市の誇る特産品なんです。今回は、売り切れ続出のワインを作るといま人気沸騰中の「RITA FARM & WINERY」をご紹介します。

名前の由来はマッサンの妻・リタさんから

【北海道余市】「マッサン」の舞台で作られる、こだわりの自然派ワイン
(C) RITA FARM & WINERY

余市出身の菅原さんご夫婦が営むこのワイナリー。物腰が柔らかく笑顔の素敵なご夫婦が営むこのワイナリーは、妻である由利子さんのワイン好きが昂じて2013年にスタートさせました。もともとはワインショップを経営したいと思っていた由利子さんでしたが、フランス・シャンパーニュへの修行をきっかけに売り手から造り手への転身を決意。

【北海道余市】「マッサン」の舞台で作られる、こだわりの自然派ワイン

(C) RITA FARM & WINERY

帰国後ワイン造りの幹となる農園を探していると見つかったのがこの「RITA FARM」でした。実はこの農園は、あのマッサンの妻・リタさんのお世話をしていた人が所有していた地でもあったことから「RITA FARM」と名付けられたという逸話つき。マッサンとリタのゼロからのウイスキー造りのように、ここから菅原さんご夫婦のワイン造りの物語は始まったのです。

昔ながらの製法で

【北海道余市】「マッサン」の舞台で作られる、こだわりの自然派ワイン
(C) RITA FARM & WINERY

「風のヴィンヤード」と命名した日当たりがよく、海へと気持ちの良い南風が吹き抜ける南斜面の畑。この畑で取り入れている製法は、100年以上前の「機械や農薬を極力使わない」というものです。農薬もやみくもに使うわけではなく、人間と同じようにひとつひとつのブドウの調子に合わせ、ブドウ本来の耐性を強くするために少量のみ使うという予防医学と同じ手法をとっています。

「安定した量や質の確保」が難しいというリスクも隣り合わせのこの製法ですが、「農薬を使うのは簡単だけど、造りたいのはそれじゃない」と語る菅原さんからは強い信念を感じます。でも、なぜ「自然派ワイン」に強いこだわりを持つのでしょうか? そこにはある理由がありました。

「ここは子供たちの遊び場なんです」

【北海道余市】「マッサン」の舞台で作られる、こだわりの自然派ワイン
(C) RITA FARM & WINERY

幼いお二人のお子さんがいるという菅原さんご夫婦。ワインをまだ飲める年ではない二人ですが、違う楽しみ方がありました。それは、この農園を思いっきり駆け回って遊ぶこと!  

お父さんとお母さんが大切にしているこの広い農園は、二人にとって絶好の遊び場なんです。もともと添加物だらけのワインは苦手だったという由利子さんでしたが、「子供たちに思いっきり遊ばせてあげたい」という二人の想いこそが「自然派ワイン」を造るきっかけとなったのです。

余市町内初リリースのワインも

【北海道余市】「マッサン」の舞台で作られる、こだわりの自然派ワイン
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy