ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「The Journey自分の生き方をつくる原体験の旅」が絶賛発売中!「やりたいこと」がやれる、その幸せに気づけた清水直哉の原体験を少しだけお見せしちゃいます!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

四角大輔さんとTABIPPOが一緒に作り上げた「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」が先日PAS-POLより、リリースされました。

10人の原体験の旅のエピソードの他、自由人・高橋歩さんや、キングコング・西野亮廣さんなどの特別対談も記載されており、今話題の新書籍となっています。

 

今回は、TABIPPOの代表であり、創設者である清水直哉の原体験の旅のエピソードを抜粋して紹介していきたいと思います。

 

人生を追求する14人の「時代の疾走者たち」による原体験

thejourney_mini-11

「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」は「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」の著者、四角大輔さんと長い時間をかけて一緒に作り上げた、今話題の新刊であり「旅」と「生き方」をつなげる1冊となっています。

 

美容師・ゲイ・起業家・先生など、様々な年齢・性別・職種の旅人10人から原体験の旅のエピソードを綴ってもらいました。

 

❏01 : ゾクゾクする生き方を見つけた旅|倉崎 憲/ NHK ディレクター

❏02 : 「コンプレックス」を吐き出すことができた旅|太田尚樹/ LGBTメディアの運営

❏03 : 医者としての「弱さ」と「強さ」を知れた旅|中島侑子/救命救急医

❏04 : 「やめる」という決断が、未来を突き動かした旅|山下夏沙/カフェオーナー

❏05 : 世界を舞台に働くための「助走」としての旅|平川 彰/エンジニア

❏06 : 自分の「仕事」の本当の可能性を知れた旅|藤川英樹/美容師

❏07 : 何かに挑戦する「ハードル」を下げることができた旅|菊地恵理子/起業家

❏08 : 「まだ」知らない世界と自分に出会えた旅|石井誠啓/高校教師

❏09 : いくつもの夢が生まれ変わって自分の「軸」ができた旅|中尾有希/ R.project プロデューサー

❏10 : 「やりたいこと」がやれる、その幸せに気づけた旅|清水直哉/ TABIPPO 代表

 

10人の原体験の旅のエピソードの他にも、山川咲さん(株式会社 CRAZY・CRAZY WEDDING 創設者)、高橋歩さん(自由人)、西野 亮廣さん(おもしろ絵本作家・キングコング)、そして村上 萌さん(ライフスタイルプロデューサー・NEXTWEEKEND 代表)による特別対談も記載されています。

 

旅に出ると視野が広がり、自分がいかに狭い世界で生きていたかを思い知らされる時があると思います。

旅とは何か?自分はこれからの人生をどうやって生きて行きたいのか?この本を読んで今一度自分の心に問い掛ける時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

「やりたいこと」がやれる、その幸せに気づけた旅|清水直哉/ TABIPPO 代表

夢物語だと思っていた「世界一周」が現実になった旅

siminao1

初めて一人旅に出たのは19歳のころ。たった30日間の旅だったけれど、僕の「世界」を広げるには十分過ぎる経験だった。

移動するたびにまったく違う世界が広がっていることもそうだけれど、衝撃だったのは、ドイツへと向かう鉄道で、今まさに世界一周の旅をしているという大学生に出会ったこと。

 

当時、世界一周なんてただの憧れ。ましてや大学生なんかができるものじゃないと思っていた。

だから「どうやったら世界一周に行けるのか」と聞きまくり、世界一周航空券というものがあること、全体的に思っているよりもずっとお金がかからないことを知った。

 

話を聞けば聞くほど、夢物語だと思っていた世界一周への現実味が増す。

もしかしたら、僕にだってできるかもしれない。これが僕の「世界一周」に対する好奇心の始まりだった。

 

死んで焼かれることが「夢」だという少年に出会ったある日

shiminao3

ガンジス川で小さな舟をレンタルし、夕日を見ていたとき。漕ぎ手の若いインド人の少年が、陽気に話しかけてきて、僕らは楽しく会話をしながらゆっくりと川をくだっていた。

 

すると、急に少年が寂しそうな顔をして僕に語りかけてきた。

「あの火葬場は、僕らの夢だ」。

 

目線の先にあるのは、ガンジス川で一番有名な火葬場だった。

火が魂を浄化し、肉体から解き放って生まれ変わらせると信じられているヒンドゥー教式の葬儀では、死体を焼いたあと、骨や灰をガンジス川に流すそうだ。

だから毎日、数百人の人が焼かれていて、インドではその光景が日常になっている。

 

「知っているだろう?このガンジス川は僕らインド人にとっては聖地なんだ。だから、死んだあとにあの火葬場で葬られることは、名誉なことだし、みんなが憧れている。でも…」。

 

彼は少し遠くにある電気式の火葬場を指差しながら言った。

 

「でも、あそこで焼かれるには、たくさんのお金が必要なんだ。僕みたいにお金がないインド人は、あっちで安く焼かれるのさ」。

「僕の夢は、あの火葬場で焼かれて死ぬことだ。でも、それは叶わない夢」。

 

そう言って彼はそのままインドのカースト制度についても語ってくれた。インド社会に根強く残る身分制度で、生まれた家の家業によって、人生が決まってしまうというもの。

教科書では知っていたが、現実に話を聞くとかなり動揺してしまった。「死ぬことが、夢」。

 

聞いたことのない夢だった。世界にはこんな環境で生活している人がいるのかと、現実を目の当たりにした瞬間だった。

 

世界には、やりたいことがやりたくてもやれない人たちがいた

shiminao2

世界には、やりたいことが、やりたくてもやれない人がいる。生まれたときから人生のレールがほとんど決まっていて、夢が夢のままで終わってしまう人たちがいる。旅の途中で、そう感じる場面は多々あった。

 

インドでボートを漕いでいた男の子も、クスコでゲストハウスの掃除をしていたおばちゃんも、モロッコで裸足でサッカーしていた人たちも。

 

でも、だからといって、彼らが幸せじゃないかと言われると、そうは見えなかった。

たしかにお金はないし、夢の実現は遠いけれど、みんな笑顔で、毎日を楽しく、一生懸命に生きていた。僕なんかよりよっぽど、自分の人生を歩んでいるように感じた。

 

旅するように働き、旅するように生きる

shiminao

ただ旅が広まっても、自分たちが理想とする働き方や生き方が実現できていなかったら、意味がない。

だからこそ僕たちが思う理想を自分たちから実践していこうと、会社のカルチャー、制度やルールをみんなでつくっている。

 

「旅するように働き、旅するように生きる」。

 

TABIPPOが目指している働き方であり、これが一番、楽しい生き方だと思っている。

時間や場所に縛られず、ストレスやシガラミもなく、毎日を刺激的に。そんな働き方と生き方だ。

 

例えば、「旅をするならいつでも会社を休んでよい」という制度と、「旅する人を社内で評価しよう」という制度。

働くメンバーができるだけいつでも世界中を、日本中を旅できるようにみんなで考えてつくった。僕らは成果を出すことや、目標を達成することと同じくらい、「旅をし続けること」を大切にしている。

 

「旅をしながら、成果を出す」。これが、TABIPPO内では一番カッコいい!と思われて、評価される。

実際に一緒に働くメンバーについて評価し合うときには「最近あんまり旅していない」と、指摘のコメントが入るくらいだ(笑)。

 

全国850店舗で購入ができます!

「The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅」は全国850店舗の他に、PAS-POLの公式サイトでも購入することができます。

販売店舗はこちらです。

今回紹介した清水直哉は、旅から帰国して世界一周中に出会った仲間とTABIPPOを起業しました。

「もっとたくさんの若者に旅をしてほしい」という思いと、「旅」に「一歩」を踏み出すきっかけを作りたいという意味で「TABIPPO」と名付けました。

 

「旅するように働き、旅するように生きる」

この理念を基にTABIPPOは今日も活動しています。

 

清水直哉のエピソードの続きが気になる方はこちらをチェックしてみてください。
bcf587d312906a6c9aa11d20b58014c4-800x1641

関連記事リンク(外部サイト)

電子書籍で読める海外旅行のガイドブック5選
【新生活の準備はもう万端!?】 充実した毎日を過ごすための必需品とは・・・
次は君だ!世界で活躍する7人の日本人冒険家
東京にある旅行好きが通う本屋ベスト4

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。