ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バング&オルフセンとTAIYOU no SHITAのコラボ展示、公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年10月13日(木)から11月29日(火)まで、東京・小石川のインテリアショップ「TAIYOU no SHITA KOISHIKAWA」にて「COMFOTABLE LIFE by TAIYOU no SHITA × BANG & OLUFSEN」が開催されています。

デザイナー・小林幹也氏が手掛けるインテリアショップ・TAIYOU no SHITAと、世界的なオーディオブランド・BANG & OLUFSEN(バング&オルフセン)によるコラボ企画。

バング&オルフセンは、数々の国際デザイン賞を受賞し、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションにも多数の製品が選出されているプロダクトデザインの分野で最も注目されているブランドの1つです。本展では「Beo Sound Essence」「BeoLab 18 スピーカー」「B&O play A6」の3種を展示。それらが、小林幹也氏が手掛ける空間に配され、北欧発の高級オーディオと日本発のインテリアアプロダクトとの組み合わせが提案されています。

音質や操作性など音響機器としての性能はもちろんのこと、バング&オルフセンならではのオブジェのような美しいフォルムがインテリアに欠かせないピースとしてハマる実例が出現しています。上質な音とデザインが演出する心地よい日常をぜひご体感ください。

「BeoLab 18 スピーカー」

バング&オルフセンの最高峰モデル。木製のフロントパネルはウォールナット、オーク、メープル、ブラック、ホワイトから選ぶことができます。設置位置に合わせて音響性能を調整・最適化する機能を搭載。

COMFOTABLE LIFE by TAIYOU no SHITA × BANG & OLUFSEN

会期:2016年10月13日(木)~11月29日(火)

会場:TAIYOU no SHITA KOISHIKAWA

入場料:無料

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

今年は生誕100周年! スティグ・リンドベリの回帰展&物販イベント開催
今年も「鹿児島睦の図案展」! ポスター、お干菓子、ハンドメイド作品も販売
”保存”がテーマの「保存展」! 保存にまつわるアイテムショップも登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP