ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、初のオリジナルスマートフォン「MONO MO-01J」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 10 月 19 日、2016 ~ 2017 年冬春のドコモスマートフォンとして、同社初のオリジナルスマートフォン「MONO MO-01J」(ZTE 製)を発表しました。発売時期は 12 月上旬です。MONO MO-01J は、Android 6.0 を搭載したエントリーレベルのコンパクトモデルで、「シンプルかつ高品質」をコンセプトに基本機能を使いやすく設計した点が特徴となっています。価格も実質 650 円ほだと言われており、使いやすい手頃な価格のスマートフォンを求める方におすすめです。ギーク層には物足りない感があります。MONO には Android スマートフォンでは珍しい iPhone で見られるマナーモードの ON / OFF スイッチを搭載しています。また、画面をタップすることなく通話機能を利用できる「スグ電」にも対応。このほか、VoLTE や IP57 レベルの防水・防塵にも対応しています。ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイ、NFC、Premium 4G、生体認証などには対応していません。MONO MO-01J の主要スペックは、Android 6.0 Marshmallow、4.7 インチ 1,280 x 720 ピクセルの IGZO 液晶、Snapdragon 615 MSM8952 1.5GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB、Micro SD(最大 128GB)、背面に 1,330 万画素カメラ、前面に 490 万画素カメラ、2,440mAh バッテリーを搭載しています。USB コネクタは Micro USB です。筐体サイズは 136 x 69 x 8.8mm で、質量は 138g。カラバリはブラックとホワイトの 2 色となっています。製品名を見て、一瞬、モノマガジンとのコラボモデルかと思いましたが、全く関係ありませんでした。Source : NTT ドコモSource : NTT ドコモ

■関連記事
Google、デベロッパープログラムポリシーのメタデータについてスクリーンショットや動画、プロモーション画像における違反例を追記
エレコム、手持ちの自撮り棒や三脚に装着して利用できるスマートフォンホルダー 3製品などを発表
Samsung、Galaxy Note 7の日本投入を断念

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP