ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エレコム、手持ちの自撮り棒や三脚に装着して利用できるスマートフォンホルダー 3製品などを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

エレコムは 10 月 18 日、手持ちの自撮り棒や三脚に装着して利用できるスマートフォンホルダー「P-SMMBK」「P-SMPBK」「P-STGBK」の 3 製品と、ミニ三脚「P-STGBK」「P-STM」を発表しました。それぞれ 11 月上旬より発売予定です。スマートフォンホルダーはそれぞれ、自撮り棒や三脚に搭載されている既存のホルダーと交換することで、機能を拡張することができる便利商品です。またミニ三脚も含めてそれぞれは 4 ~ 5.5 インチ台のスマートフォンに対応しています。P-SMMBK はホルダーの向きを縦と横に変更することができる 2Way 仕様です。自動り棒と組み合わせることで、いろいろな角度での撮影が容易となります。P-SMPBK はホルダー背面にミラーが搭載されていて、スマートフォンのリアカメラを使用した自動りの際にも撮影範囲などを確認しながら行うことができます。P-SMPBK はゼンマイ式の回転台が搭載されたホルダーで、パノラマ撮影を簡単に行うことができます。ホルダー部分も縦と横に回転する仕様です。ミニ三脚の P-STGBK は三脚を折りたたんでハンディーグリップとしても利用できる 2Way 仕様の三脚です。着脱可能なスマートフォンホルダーも搭載されていて、ホルダー背面は三脚ねじ用のホールも搭載されています。P-STM はフレキシブルアームを採用したミニ三脚です。着脱可能なスマートフォンホルダー搭載で、カラバリがブラック、ピンク、ホワイトの 3 色展開となっています。Source : エレコム

■関連記事
Google、デベロッパープログラムポリシーのメタデータについてスクリーンショットや動画、プロモーション画像における違反例を追記
NTTドコモ、初のオリジナルスマートフォン「MONO MO-01J」を発表
Samsung、Galaxy Note 7の日本投入を断念

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。