ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「これはたこ焼きですか? いいえ、シュークリームです」甘党男子のための変わり種スイーツを探してきた【甘党無宿】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、メシ通レポーター、漢(おとこ)の甘味ユニット「甘党無宿」の長谷川です。

かなりの甘党ですが、かなりのシャイなため、職場でスイーツを食べることが出来ません。

(あー何か職場でも人目を気にせず堂々と食べられるスイーツなんて無いかなー)

(あー食べたい! 出社したばかりなのに食べないとやる気が出ない! )

(甘いものが!)

(食べたい!!!! )

―――フォフォフォッ、その願い、叶えてしんぜよう!

どこからともなく聞こえた天の声。すると……。

ドンッ!

なぜか目の前に「中華料理」と書かれた箱が出てきたではありませんか。あれれ、神様……。甘いものを頼んだのに……。

▲餃子饅頭 (648円)

箱を開けてみると、そこには餃子が6つ入っていました。

焼き目のついた美味しそうな餃子です。

(……何かすごいけれど、これは甘くなくね? )

と言いつつもお腹も減っていたので、餃子を食べてみます。

(……あ、あ、甘いッ!)

これは餃子の皮を被ったスイーツ……。いや、大福の皮を被った粒あん! 餃子の中身を餡というけれど、これは餡はあんでもあんこ!

昼ごはん用に買っていた餃子を並べることにしました。

交互に並べてみると、お店が違うだけの立派な餃子にしか見えません。

ふと、更に甘いものが食べたくなった彼は駄々をこねました。

(甘いものがもっと!!!! )

(食べたいぞい!!!!!!!! )

▲たこ焼きにしか見えないシュークリーム ノーマル版 (680円)

するとどうでしょう。たこ焼きがその場に姿を現しました。

机を叩くとスイーツが出てくるなんて……。

一瞬、戸惑いましたが、二度目なので戸惑いも少なく食べてみます。

(……あ、あ、甘いッ!)

シュー生地にカスタードの甘さとチョコの甘さがマッチしている! これはまごうことなき美味しいシュークリームッ!

お昼ごはん用に買っていた、たこ焼きを並べてみました。

何ということでしょう。どちらが本物かわかりません。

調子に乗った彼は再び机をたたきました。

(甘いものがもっともっと……)

(食べたい食べたい食べたいー! )

なんと今度は立派なお好み焼きが降臨!

(……あ、あ、甘い!)

ほんのり洋酒のきいたスポンジにカスタードクリームがサンド、中にチョコレートクランチが入っており程よいアクセント! そばに見立てられたマロンクリームが甘さを際立たせます。

これならば、シャイな甘党男子でも職場で堂々と食べられて、やる気が出ますね!

スイーツの神様、ありがとう!

フォフォフォッ……甘いものを食べたいときはまた呼ぶのじゃぞい。

なお、文中では神様がスイーツを召喚しましたが、これらの商品はお取り寄せが出来ます。 お店情報にある公式ウェブサイトをご覧ください。

以上、甘党無宿、長谷川がお送りしました。

お店情報

虎屋本舗 本店(曙店)

住所:広島県福山市曙町1-11-18

電話番号:084-954-7455

営業時間:平日8:30~19:00 日曜日8:30~18:00 祝日8:30~19:00

定休日:1月1日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

食べた人:住倉カオス

漢の甘味ユニット【甘党無宿】局長。血糖値高めながら、日夜陶酔の甘さを求め吹きすさぶ街を彷徨う。狼のように大胆に、時に子猫の下のように繊細に喰らう菓子はエスニックから和菓子まで。特にカステラや羊羹のような四角い和菓子に目がない。普段はカメラマン・超常現象研究家を生業にしている。バカがつくほどの愛犬家。

書いた人:長谷川正和

甘党無宿メンバー。男性のハンドモデル(手タレ)として、テレビコマーシャルから広告、ファッション雑誌、再現VTR等に出演。美容ライターやフードライターを兼任。お腹の弱い多趣味なヘタレ。

書いた人:ハガユウスケ

甘党無宿メンバー。コンテンツ制作会社・株式会社ブックバーガー代表取締役。会社の本店所在地、浅草雷門から東東京のおいしい情報をよなよな発信中。好きなかき氷は、ブルーハワイ。 公式HP:http://bookburger.info/

【甘党無宿】

漢の甘味道探求ユニット。“甘いもの”は女子だけのものに非ず。脳を陶酔さす甘露の蜜は、激戦を戦い抜いた漢の休息にこそふさわしい…。男子と呼ぶにはちと使い古された、血糖値も体型も気になるおっさんが、退路を断ち切り至高の甘味をレポートする「漢のスイーツ徒然草」乞うご期待!!

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

自家製ビールとビストロ料理を堪能! 「ブリューパブ テタールヴァレ」【大阪】
片手じゃ持てない!? ハモニカ横丁で特大25cm上質ホットドッグにかぶりつく!
【マジ驚愕】ヘルシーにそばのつもりが背脂地獄! 「おにそば」の超こってり地獄めぐり【札幌】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP