ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秦 基博、新曲「70億のピース」10ヶ国版リリックビデオ公開&世界フル配信決定!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

秦 基博が10月19日にリリースした両A面シングル「70億のピース / 終わりのない空」より、「70億のピース」のリリックビデオ(世界バージョン)が11月8日(火)に公開されることがわかった。

「70億のピース」は、秦が10年のキャリアを経て放つ渾身のミディアムバラード。『世界をひとつのパズルに例え、人と人との結びつきだったり、その中で皆が誰かと関わり合いながらどうやって生きているかを考えて作った曲』と自身が語る通り、世界の総人口である“70億の人々”や、“手の届くところにある平和”をテーマに書き上げた。

公開中の「70億のピース」のリリックビデオでは、番場秀一監督による温かな光の世界を表現した美しい映像に合わせ、《70億のピースが 描き出す 世界のパズル 誰かと隣り合えた意味》《かたちの違う僕らは ひとつに今 なれなくても でも 互いが 離れないよう 寄り添えるんだ》といったメッセージ性の強い歌詞がフィーチャーされている。

そしてその「70億のピース」のリリックビデオが、計10ヶ国の言語(英語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、中国語、韓国語、タガログ語、ヒンディー語)に翻訳された、合計10種類の「70億のピース リリック・ビデオ~世界バージョン~」として、デビュー10周年記念日の11月8日(火)にYouTube/AUGUSTA CHANNELで公開される。

合わせて、楽曲自体も世界38ヶ国(欧米20ヶ国、アジア18ヶ国)でフル配信が決定。この世界に生きる誰しもが共感できる名曲「70億のピース」が、文字通り70億の人々を感動に包んでいく瞬間に注目したい。

■「70億のピース / 終わりのない空」 配信

・iTunes

http://hyperurl.co/5nl254

・レコチョク

http://recochoku.com/s0/70okunopiece-owarinonaisora-disc/

・mora

http://mora.jp/package/43000001/4547366277463/

・mora(ハイレゾ)

http://mora.jp/package/43000001/4547366276657/

HD-music(ハイレゾ)

http://hd-music.info/album.cgi/SO/4547366276657/

【「70億のピース」世界配信国(全38ヶ国)】
アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、ペルー、カナダ、アメリカ合衆国、フィンランド、スウェーデン、イギリス、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール、マレーシア、台湾、インドネシア、インド、タイ、フィリピン、ブルネイ、カンボジア、ラオス、マカオ、ベトナム、スリランカ、ミクロネシア、フィジー、ネパール、パプアニューギニア

「70億のピース」リリックビデオ(日本語ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=HaSIvNtrelQ

「70億のピース」MV(short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=969-5iFIqvI

シングル「70億のピース / 終わりのない空」
2016年10月19日(水)発売

【初回生産限定盤A】(CD+Blu-ray)

AUCL 207-8/¥6,000+税

三方背BOX+デジパック+LIVE写真ポストカード(2種)

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)

AUCL 209-10/5,000+税

三方背BOX+デジパック+LIVE写真ポストカード(2種)

【通常盤】(CD)

AUCL 211/¥1,204+税

※LIVE写真ポストカード(2種)は、初回生産限定盤A、B共通となります。

<収録曲>

■CD(全形態共通)

M1「70億のピース」(テレビ朝日「土曜ワイド劇場」主題歌)

M2「終わりのない空」(映画『聖の青春』主題歌)

M3 「聖なる夜の贈り物 (2016 ver.)」

M4「70億のピース」(backing track)

M5「終わりのない空 」(backing track)

■DVD(初回生産限定盤A / B)

「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016 -青の光景―」ライブ映像全21曲収録

※2016年6月3日(金) 東京国際フォーラム・ホールAより


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。