ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画『JACO』12/3より全国で順次公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リットーミュージックは、パルコとタワーレコードと合同で、ベーシスト“ジャコ・パストリアス”のドキュメンタリー映画『JACO』を、12月3日より新宿シネマカリテほか全国で順次公開する。また、ジャコの生誕日である12月1日には、ジャパンプレミア開催が予定されている。

メタリカのロバート・トゥルージロが制作総指揮を行ない、2015年にアメリカにて公開されたドキュメンタリー映画『JACO』は、本国では数々の映画祭で話題となった。これまで日本国内での公開は実現していなかったが、2017年に没後30年を迎える今年12月、ついに国内公開が実現する。

監督は『ストーンズ・イン・エグザイル 〜「メイン・ストリートのならず者」の真実』や、X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』を手がけた、気鋭のスティーヴン・キジャック。本編では、現存する貴重な映像により振り返るジャコの生い立ちから華々しいデビュー、そして、ジャコの訃報を告げる失意の瞬間までを、ジャコと親交を深めたミュージシャンの証言とともに追っていく。

インタビューでは、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、ジョニ・ミッチェル、スティング、ウェイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ゲディー・リー(ラッシュ)、ブーツィー・コリンズ、カルロス・サンタナ、ジェリー・ジェモットほか、豪華なアーティストが出演、ジャコの音楽家としての魅力を語る。

関連リンク

映画『JACO』公式サイトhttp://jaco-movie.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP