ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大丸東京店「ほっぺタウン」期間限定でタルト特集展開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京駅に隣接している大丸東京店。1日10万人が来店し、約70ブランドのスイーツブランドが揃う都内屈指のスイーツエリアだ。

そんな大丸東京店1階「ほっぺタウン」で、週代わりで旬なスイーツを販売している「ウィークリー・セレクトスイーツコーナー」。10月19日(水)から10月25日(火)は、手軽に何個でも食べたくなる話題のタルトを紹介している。また、同期間には既存の売場でも季節限定のタルトを販売予定。

今回は「ウィークリー・セレクトスイーツコーナー」で前評判の高いタルトを3つ紹介しよう。

まずは、『アンドリュー』の「エッグタルト」(291円/1個)。マカオにあるロードストーズベーカリーの英国人、アンドリュー・W・ストウ氏によって開発された、たまごと生クリームたっぷりのタルト。アジアでは、飲茶のデザートとして昔から親しまれている一品。


次いで、『東京カンパネラ』の「マロンタルト」(864円/4個入り)。サクサクのタルトにマロンクリームをたっぷりと。刻んだ栗の食感もポイントだ。

最後は、『銀のぶどう』の「焼きモンブラン」(1296円/6個入り)。マロングラッセを散りばめた生地にマロンクリームを重ねてほっくり焼いたモンブラン。

この秋は、デパ地下スイーツで秋色タルトを存分に楽しんでみませんか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP