体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自家製ビールとビストロ料理を堪能! 「ブリューパブ テタールヴァレ」【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20160919220733j:plain

大阪発の本格「ブリューパブ テタールヴァレ」

こんにちは、メシ通レポーターの西尾です。

ここ数年クラフトビールが人気ですね。そのクラフトビールの小規模醸造所と、ビアダイニングを併設したものが、ブリューパブです。

関西ではまだ少数ですが、今回ご紹介するのが、今年4月にオープンした「谷町クラフトビール工場&ビアダイニング ブリューパブ テタールヴァレ(Brewpub Têtard Vallée)」です。

場所は地下鉄谷町線の天満橋駅と谷町四丁目駅の2駅のちょうど真ん中、谷町2の交差点を西に曲がってすぐ。大阪府庁や大阪法務局も目の前です。

f:id:mesitsu_lc:20160919220730j:plain

大通りから曲がってすぐ。

f:id:mesitsu_lc:20160919220740j:plain

カフェのようなお洒落な外観。

ランチ・カフェタイム・ディナーの通し営業で自家製のクラフトビールが、本格ビストロ料理と楽しめます。

オーナーでブリュワーの松尾弘寿さんは、飲食店で10年以上働いた後、このお店をオープンさせるために、未経験からビール業界に飛び込みました。「國乃長ビール」の壽酒造(大阪府高槻市)で3年間修業後、独立しました。

「クラフトビールは美味しいんですが、お店で飲むと、他のお酒と比べても高いですよね。メーカーから仕入れるから高いのなら、自分で造れば安くご提供できるかなと、思いました」。

f:id:mesitsu_lc:20160919220911j:plain

オーナー兼ブリュワー(醸造家)の松尾弘寿さん(左)と、フランス料理出身のシェフ東埜剛之さん(右)。

ちなみに、朝11時のランチから通し営業で夜までやっているので、昼飲みにも最高です。

「僕自身、休みの日は昼からビールを飲みたい方なので(笑)。土曜は、クラフトビール店巡りの1軒目に来られる方もいますね」。

店内は、丸太の輪切りをつなげたような、オリジナルの大テーブルが目を引きます。その奥に醸造所が!

f:id:mesitsu_lc:20160919221042j:plain f:id:mesitsu_lc:20160919220521j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。