体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

当たり前だけど大切にしたい「お金を貯める」ための考え方

前回に続き、『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』などの著書を出している不動産投資家の星野陽子さんに「お金」との向き合い方についてお伺いしました。今回は星野さんが「後悔した20代」を振り返り、「20代のころに確実にやっておくべきだったと感じる3つのこと」について紹介していただきます。f:id:k_kushida:20161018103225j:plain

「お金」のことは、待っていても誰も教えてくれない

私も含め、多くの人はこれまで、学校などで「お金」について何かを十分に教えてもらった経験がないと思います。社会に出て自立していく過程で、「お金」に関する知識は必須なのに、どういうわけか学校では、あまり教えられないのです。

しかし、「学校で教えてもらってないからわからない」と嘆いてばかりもいられません。こうした「お金」にまつわる知識、考え方は自分自身で身に着けていかなければなりません。

私自身、こうした知識や考え方を身に着けるのにとても苦労しました。と言いますか、最初の方は全く知識がなく…「お金」を無意識に無駄にしてしまうことも多々ありました。

20代会社員だった私は、ブランド物の服やバックを次々に購入していましたし、深く考えることもせず「付き合いは大事、人脈が大事」と自分に言い聞かせては、飲み会などにしょっちゅう足を運んでおりました。また、「将来のために、自分に投資しなくては!」とこれまた深く考えることもなく自己投資と称して30万円を払って英会話教室に通い始めたり……きちんと通っていたならまだしも、仕事やデートで忙しくなるとサボり気味になっていったり……しかも「自分で払ったんだから、誰にも文句は言わせない!」とよくわからない開き直りをしてみたり……とにかく今振り返ると残念なことばかりです。しかし、意外に、こういった生活をしてしまっているという人は多いのではないでしょうか?(ちなみにこの記事の編集者も、私と全く同じような生活をしていたとのこと。20代の社会人になったばかりの方はこんな感じの人が、もしかすると多いのかもしれませんね…)

そんな私でしたが、前回の記事にも書かせていただいた通り、ユダヤ人と結婚して、「お金」についての考え方が180度変わりました。まず、お金を使うときや、物事を進めるときに「深く考える」ことを学びました。飲み会にしても、英会話にしても、仕事にしても、これまでいかに自分が「深く考えること」をせずにいたのかを思い知るきっかけとなったのです。また他にも、お金にまつわる知識をしっかりと身に着けることができましたし、倹約に対する姿勢も備えることができたように思います。義理の父が不動産投資で成功していたことをきっかけに、私自身も不動産の勉強を始めることにしました。日々の生活におけるお金の使い方から、資産運用に関することまで、それまでの私では考えられないくらいに、しっかりと学ぶことができたような気がします。

その結果、今では6億円の収益不動産を持ち、年6000万円の家賃を得ることができるようになりました。今は離婚をしてしまったのですが、私の考え方を転換させてくれた元夫に感謝をしています。

そして今、私はこんなことも思っています。「タイムスリップして、20代のころの私に、『お金』のことをもっとしっかり考えるよう忠告したい」と。

大変前置きが長くなりましたが、今回は、私がもし今のような「お金」に関する知識や考え方をもっていたならば、20代のころに何をやっておくべきだったか、考えておくべきだったか、ということについて3つ紹介したいと思います。私はユダヤ人の夫と結婚して、「お金」について考えるキッカケを得ることができたという意味で運に恵まれていると思っています。しかしもし、そういったことがなければ…と思うとゾッとするのです。

紹介することはどれも当たり前のことですが、こうした「基本的な考え方」こそ私は大切だと思っています。20~30代のビジネスパーソンの皆様に参考になればと思います。

【その1】「給料天引き」でしっかりお金を貯めていく

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy