ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東宝企画部長が明かす「君の名は。」製作秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」(火曜担当ナビゲーター:堀潤)のワンコーナー、「BREAKTHROUGH!」。10月18日のオンエアでは、「君の名は。」「シン・ゴジラ」など今年大ヒット作を次々と世に送り出している東宝映画企画部、部長の山内章弘さんをお迎えして、「なぜ東宝はヒット作を連発しているのか?」をテーマにお話を伺いました。

堀も「不意を突かれた」と言う「君の名は。」。この作品は、東宝のアニメ製作チームと、山内さんが所属する実写チームで企画の連携をしながら製作をしたのだそう。新海誠監督の2002年の作品「ほしのこえ」が公開された時、山内さんは編成を担当していたそうですが、この作品を観て「この人すごいな…」と思ったのだとか。

それから本人に会いに行ったところ、その頃は新海監督に「小さいマーケットでしっかりやりたい」と言われ、「それ以来、ただの追っかけのように、十数年『どうでしょう、東宝でやってくれませんか』というお話をして…」と、自ら新海監督を口説いていたそうです。

その願いが叶い、「言の葉の庭」(2013年)で一緒に仕事をすることに。この時は小さいマーケットだったとのことですが、東宝の宣伝チーム、配給製作部隊、プロデューサーと共に作品を送り出すことができ、新海監督のチームから「この人たちとだったら一緒にできるんじゃないか」と思ってもらえ、今回の「君の名は。」を製作するに至ったと、山内さんは経緯を明かしてくれました。

「言の葉の庭」は映画館23館での公開だったそうですが、それに対し「君の名は。」は公開前から全国300館という桁違いの公開館数が決定していたそうです。現段階で、興行収入は「崖の上のポニョ」(2008年)以来の150億円超えという大ヒットを記録中! 山内さんもここまでのヒットは予想しておらず、「まずは『言の葉の庭』を越えようね」「100万人(興行収入10億円)を越えようね」という指標で周りも動いていたそうですが、「誰もわからない地点まで来てますね」と自身でも驚きを隠せない様子です。

「(「君の名は。」は)なぜ心をつかんだのでしょう?」と尋ねる堀に、「それは多分、多くの方が“新海さんの本質”を知っていらしたからだと思うんです」と答える山内さん。

「大きい公開はしてなかったけども、配信やDVDでご覧になって、“新海接触”をされてる方が潜在的に多くいらっしゃったんだと思いますね。それが今回、大きく公開されたことで、『知ってる!』『自分が見つけた!』というふうに皆さんに思っていただいて。そして何よりも作品がよかったことで、SNSでも多く拡散されたのではないかと思います」

番組内では他にも「シン・ゴジラ」製作時の庵野監督との打ち合わせ、作品内で使われたエヴァンゲリオンの音楽にまつわる秘話も明かしてくれました。

先週公開されたばかりの「何者」、11月5日(土)公開の「ボクの妻と結婚してください。」、12月17日(土)公開の「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」も山内さんが手掛けている作品だそうです。2016年は残りわずかですが、まだまだ東宝から大ヒット映画が生まれる予感がしますね!

さて、19日(水)の「JAM THE WORLD」は、ゲストにピストン西沢さんが登場! ナビゲーターの安田菜津紀といま気になるニュースについて、そしてラジオというメディアのこれからについて、語り尽くします! どうぞお楽しみに♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「JAM THE WORLD」
放送日時:平日 20時−22時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP