ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松山ロスの男子ゴルフ 次世代スター発掘と社会貢献がカギか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コラムニストでデイトレーダーの木村和久氏が、近頃気になるニュースをピックアップし独自の視点で読み解きます。今回は、国内男子プロゴルフツアーの現状を考察。

 * * *
 今年の日本オープンゴルフ選手権は、例年にない盛り上がりを見せ、入場者数も倍増しました。ここ数年、男子プロゴルフの人気は低迷し、試合数、入場者数、視聴率などは、全くふるわなかったのです。2013年の茨城ゴルフ倶楽部で行われた日本オープンは、5日間(雨で1日延びた)トータルの入場者数が1万人以下という、最低記録を更新しました。

 これはいかんと奮起したのか、今年の日本オープンは、予選初日からギャラリーが1万人越えとなりました。最終日は1万5000人に迫り、4日間の総入場者数4万5000人越えは、歴代2位の快挙です。

 入場者数が好調だった要因は、なんといっても松山英樹や石川遼、アダム・スコットなどの、人気選手の参加です。しかも期待通り、注目選手が白熱のデッドヒートを繰り広げ、最後まで手に汗握る展開となりました。

 やっと6~7年前の勢いに戻ったのはいいですが、人気選手の活躍の場は主にアメリカです。海外組が日本を去れば、また低迷ツアーに逆戻りです。東京オリンピックに向けてはもちろん、10年、20年先を見据えた、ゴルフ振興プランを練り上げないと、男子ゴルフツアーはジリ貧のまま…の可能性が高いといえます。

 そこで、次なるプランを提案します。

◆松山英樹的ジュニア育成計画

 野球・サッカーは、海外で活躍する選手が10人以上いながら、日本のプロリーグも盛況です。つまり、人材豊富なんです。これが男子ゴルフだと、世界クラスは松山英樹選手のみ。理想をいえば、松山選手クラスが10人は欲しい。そういう人材育成プランを構築しないと。

 たとえば、テニスの錦織圭選手がソニーから受けた奨学金のシステム。これをゴルフに応用できないでしょうか。トーナメントを主催している企業が、これぞというジュニアゴルファーにお金をかけ、渡米させて一流の技を学ばせるというものです。

 ただ、ソニーの奨学金は、ほか何人かが貰っていますが、1年ごとにクリア基準があり、それを全部達成したのは錦織選手のみだとか。

 そうなると資金面より、才能のあるジュニア育成が先ですね。ジュニアといえば、石川遼選手を輩出した、杉並学園の元監督・吉岡徹治さん(アジアジュニアゴルフ協会代表理事)に以前、お話をうかがったことがあります。その時、言っていたのは、こんなことです。

「最近のジュニアは、家庭ですでに技術を学んでいます。だから石川遼に教えたのは、コースマネジメントばっかりでした。あと監督の仕事は、高校生をいかにプロの試合にエントリーさせるかの、ブッキングでしたね」

 現在のプロゴルファー予備軍の低年齢化は、すさまじいです。日本オープンに出場したお子さんの父親を知っていますが、小学生低学年から毎週コースに連れて行き、大変な労力をつぎ込んでらっしゃいます。女子卓球を見れば分かるように、幼稚園の頃から、泣きながらクラブを握る時代になったのです。

 そうなると親の手間を軽減させるために、いっそのこと、全寮制のゴルフ専門の小・中学校を作るとか、そこまでやらないとダメかも知れません。学校が終わったら、側のコースでゴルフ漬け。地方の空いてるゴルフ場なら、充分成立するかも知れません。誰かファンドを募って、立ち上げてくれませんかね。

◆ゴルフをパラリンピック競技種目に

 ゴルフは東京オリンピックの正式競技ですが、パラリンピック種目には入っていません。日本にも「NPO法人 日本障害者ゴルフ協会」(DGA)という組織があり、「日本障害者オープンゴルフ選手権」などを積極的に開催しています。一度、彼らとラウンドする機会を得てプレーをしましたが、ひじょうに上手でこちらは完敗でした。

 では、なぜ2020年のパラリンピックに、ゴルフは参加できないのか? それは世界共通ルールの統一や、クラス分け、世界ランキングの確立、世界選手権の恒常開催など、解決すべき問題が山積みだからだそうです。簡単にいえば、時期尚早ということです。

 でも、やっぱりゴルフを東京パラリンピック競技種目に入れたいじゃないですか! それにはどうするか。これ以上はもう時間もないので、政治の問題だと思います。安倍首相はゴルフが好きですから、リーダーシップを発揮し、ゴルフをパラリンピックの正式競技に推薦してもらいたいです。それが無理でも、次に繋がるアクションを起こしてほしいと願います。

 一方、パラリンピック関連でいえば、福祉系大学を出た選手の地道な活動を期待したいですね。せっかく学校で福祉を学んだのですから、選手は率先して車椅子のギャラリーのお手伝いをしたり、障害者ゴルファーと一緒にラウンドしたりと、行動を起こさないと。日本の男子トーナメントでも、プロアマの日はパラリンピックを想定し、障害者ゴルファーを招いてラウンドしてもらう。そうやって、アピールしていかないと。

 ウサイン・ボルト選手は、リオパラリンピックで、目の不自由な選手の伴走役を買って出ました。もしゴルフがパラリンピック種目に決まったら、松山選手が、パラリンピック選手のキャディーを務めるなんて、実に素敵なことじゃないでしょうか?

 日本の3大メジャースポーツというと、野球、サッカーは出ますが、3つ目が出てこない。テニスか、スキーか、ゴルフか? ゴルフが3つ目の枠に入るには、「選手層の厚さ」と「社会貢献」をクリアせねば。今後、ジュニアたちと福祉系大学出身者に、大いに期待したいです。

【関連記事】
2000年パラリンピック 優勝バスケチーム12選手中10人健常者
パラリンピック 東京五輪時に日本人が命名したのはほぼ確実
広瀬アリスと三浦翔平がパラリンピック番組で大役に挑む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP