ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

70才筋トレ自慢マラソン男 10才年下女性に席譲り憤慨される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢者になっても体を鍛え、健康管理をすることは重要なことではあるが、度が過ぎると周囲とズレが生じてしまうことも。埼玉在住の66才・パート勤務女性のAさんが、困った夫について語る。

 * * *
 60才から始めたマラソンは今年10年。70才になった今も週に3回は10km走り、年に1回はフルマラソンを完走。毎朝の筋トレは欠かさない。

 私から見たら、ぱっと見はマイナス5才ってとこかな。でも、本人は「体力40代、見た目50代」だから困っちゃうの。

「おれはそんじょそこらの70代とは違う」と言うのが口癖で、電車で席を譲られそうになると、「けっこうッ!」と凄い勢いで断るのはいつものこと。

 しかし、いくらなんでもと思ったのが先日。電車で夫が急に席を立って「どうぞ」と席を譲ったのは、夫よりも10才は若そうなマダムなの。

「はぁ?」ってイヤ~な顔をして隣の車両に移動しちゃったわよ。そしたら、「人の親切を無にして、失礼だ」って。自分が席を譲られたら怒って断るくせに、人が断っても怒る。

 こういうツジツマの合わなさを、老化っていうの。

※女性セブン2016年10月27日号

【関連記事】
田中みな実アナ 久保田智子アナのマラソン会不参加で苦境に
安田美沙子と一緒にテニス&ランニングの「妄想デート」写真
北野武が「道徳」の教材はツッコミどころ満載と喝破する書籍

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP