ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おかしいな?と思ったその商品調べてみては?企業のリコールは1日●件もある事実!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

韓国・サムスン電子のスマートフォン、ギャラクシーノート7が発火・爆発の恐れがあるとして生産・販売が中止となりました。9月2日にリコールを発表後、不具合部品を交換しても改善されなかったためです。

 

こういったリコールのニュース。車や電化製品の部品の不具合、食品に不純物が混ざったとか、テレビや新聞で時々聞きますよね?

 

ここでクイズです。

 

「今年9月、企業からのリコールの発表は、日本国内でいったい何件報告されたでしょうか?」

 


週刊ダイヤモンド<臨時増刊>トヨタ激震 臨時増刊号
Fujisan.co.jpより

 

答えは、約235件

 

1日に約8件。結構多いと思いませんか? 新商品が沢山発売される季節の変わり目などは、1日10件以上のリコールが発表されるなんてこともよくあります。「そんなに聞かないよ」と言う人もいるでしょう。実は、大企業や人気商品は大きく報道されますが、取り上げられないだけで沢山有るんです。

 

よく考えれば、全国には大企業から中小企業まで山ほどあるわけで、小さな会社の小さな商品でも、消費者に不具合があるとわかればリコール対象となります。そう考えれば1日10件程あってもおかしくないのかもしれません。

 

リコールで多いケースは?

・食品にカビなどの不純物が混入

・食品パッケージラベルに誤表示

・電化製品の部品に不具合

・車、バイクの部品に不具合

・日常用品の部品に不具合

まあ、言わずもがなかもしれませんけど。

 

ただ、リコールの多くは「消費者に害を及ぼす“可能性がある”」。つまり報告を受けて、危険性が0%とは言い切れないことが確認されると発生するケースが多いようです。

 

とはいえ、“危険の個人差”もあるわけで、例えば食品パッケージのラベル誤表示の中には、「小麦アレルギー表示の欠落」といった、人によっては大変な事態になり得ることも。

 

リコールを知らなくて被害に遭った場合は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP