ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有頂天、後期オリジナルメンバーが集結して26年ぶりのフルアルバムはコンセプチュアルな2枚組!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

有頂天の後期オリジナルメンバーが集結し、26年ぶりのフルアルバムを12月14日にリリースする。さらに、1月7日(土)にはBillboard Live 東京での発売記念ライヴも決定した。

奇跡の再結成を果たした有頂天。昨年発表したミニアルバム『lost and found』に続く、実に26年ぶりのフルアルバムはなんと2枚組! それぞれ「カフカズ・ロック」「ニーチェズ・ポップ」と題された2枚は、“アナログ盤でいうA面B面のイメージ”だとKERAは言う。“かつて、自分が聴きまくっていたアルバムの多くはコンセプチュアルな作品。デヴィッド・ボウイのベルリン三部作のように、A面とB面でまったく異なるサウンド、世界観を展開する作品も少なくなかった”とのこと。全16曲を収録。作曲は2曲のカバーを除き、すべてがバンド名義だ。

タイトルが示す通り、フランツ・カフカとフリードリヒ・ニーチェをモチーフに、ポップスからアヴァンギャルドまで、驚くべき幅の広さをもって自在な音楽を奏でている。

来年1月7日(土)にはBillboard Live 東京で発売記念ライヴも決定! 満を持しての登場となるビルボードライブのステージで、どんなパフォーマンスで魅了してくれるのか? 日本のインディーズシーン、サブカルシーンを牽引した有頂天の最新のステージを期待せずにはいられない。

アルバム『カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ』
2016年12月14日発売

CDSOL-1758~9/¥3,000+税

<収録曲>

■DISC 1「カフカズ・ロック」

01.ラッキーさん

02.カフカズ・ディック

03.城

04.知恵の輪プレゼント

05.100年

06.墓石と黴菌

07.世界

08.知恵の輪ブレイクアウト

09.monkey’s report(ある学会報告)

■DISC 2「ニーチェズ・ポップ」

01.幽霊たち

02.懐かしさの行方

03.ロコモーション

04.Not Departure

05.箱(永劫回帰)

06.コレカラノヒト

07.ニーチェズ・ムーン

有頂天 「ニューアルバム発売記念ライブ」
1月07日(土) ビルボードライブ東京

1stステージ:開場17:00 開演18:00

2ndステージ:開場20:00 開演21:00

サービスエリア:¥7,000(自由席料金)

カジュアルエリア:¥5,500(1ドリンク付き)

ClubBBL会員先行:10月24日(月)発売

一般予約受付開始:10月31日(月)発売

■ご予約・問い合わせ

ビルボードライブ東京

http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=10230&shop=1

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP