ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キレイにするつもりが……カユカユパサパサ! 白髪染めの恐怖

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あれ? こんなところに白髪が。1本見つけると、次々と現れる憎いやつ。数本なら切って対処することもできますが、生え際や頭頂部に隠し切れないほどになると選択肢は染めるしかありません。しかし、白髪染めは髪へのダメージが深刻です。白髪染めが髪に与えるダメージと、回避する方法を紹介します。

白髪染めとヘアカラーの違いは?

ズバリ、ヘアカラーでは白髪は染まりません。なぜかというと、ヘアカラーは髪の色素であるメラニンに作用して着色するようにできているからです。白髪にはメラニンはありませんし、毛が硬いのできれいに染まりません。メラニンがない白髪の内部まで染色するのが白髪染めです。どちらも一度髪の色を抜いてから好みの色に染色します。白髪なのに色を抜くの? と疑問に感じますよね。その秘密は白髪と黒髪の量にあります。

白髪染めで髪が傷むのはどうして?

ヘアカラーも一度髪の色を抜いてキューティクルを開いてから染色するため髪は傷みます。しかし、金髪にでもしない限り、色を抜く力も染める力もさほど強くないので、キューティクルを閉じてトリートメントなどで補修してあげれば気になりません。これに対し白髪を染めるには強い染色力がある薬剤で、かつ有害な染料が多いといわれる黒色を使用しなくてはならないため、どうしても傷みが酷くなります。そして、白髪が気になる年齢はまだ黒い髪のほうが多いため、均一に染めるには黒い髪の色を抜かなくてはなりません。その結果、色を抜くときも染める時も強い薬剤を使うことになり、髪のダメージは深刻になるのですね。また、白髪は少し伸びても気になるのでヘアカラーよりも頻繁に染めることが多いですよね。これもダメージの原因です。

でも白髪は気になる! うまく染めるコツが知りたい

市販の白髪染めは早く簡単に均一に染まることを売りにしているため、とても強い薬剤を使っています。そのためトリートメント剤を多く入れて染めた後の手触りがツルツルになるようにしているのですが、自分で染色するとキューティクルは開いたままになることが多いので、何度かシャンプーするとトリートメント剤も剥げて髪はバサバサの状態に。薬剤にまけて頭皮が炎症を起こしてしまうことも。やはり髪のプロである美容室で染めてもらうのが一番ダメージの少ない方法です。美容師さんなら、黒髪と白髪の部分や根元と毛先などで薬剤を微妙に変えてダメージを少なくしてくれたり、染めた後のキューティクルのケアもしっかりと行ってくれます。生えている髪に自己修復の機能は無いため、一度バサバサになった髪は二度と元には戻りません。後悔しないように白髪の対処をしたいものですね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP