ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョン・バーンサル、クライム・スリラー映画『Stingray(原題)』に出演決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2016年11月2日より開催されるアメリカン・フィルム・マーケット(AFM)でセールスが始まる、インディペンデント・クライム・スリラー映画『Stingray(原題)』に、ジョン・バーンサルが出演することが決まった。

アンソニー・ヘイズが、自身の脚本をもとに同作を監督する。ディーパー・ウォーターのジョン・シュワルツとミッシェル・シュワルツが、プロデュースを手掛ける。

バーンサルは、影響力のある強力な犯罪者の兄弟を偶然に殺してしまった男を演じる。男は、2日以内に自分自身の家族の中から1人を殺すことを迫られる。

プロデューサーたちは、2017年4月にカナダで同作の撮影を開始することを目指している。

バーンサルは、ベン・アフレック主演の映画『ザ・コンサルタント』に出演し、アフレックの兄弟役を演じた。また、テレビシリーズ『ウォーキング・デッド』シーズン1とシーズン2にシェーン・ウォルシュ役で出演し、Netflixのドラマシリーズ『デアデビル』シーズン2ではパニッシャー役で登場した。さらに、エドガー・ライト監督の次回作となるクライム・スリラー映画『ベイビー・ドライバー』にも出演する。

『Stingray(原題)』の監督を務めるヘイズは、オーストラリア出身の著名な俳優でもあり、これまでに、映画『アニマル・キングダム』、映画『裸足の1500マイル』、テレビシリーズ『The Slap(原題)』に出演している。

バーンサルは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、バーンスタイン・カンパニー、スローン・オファーと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。