ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お手頃価格で大満足!宮城県鳴子温泉に、大江戸温泉物語グループの2宿が誕生‼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

奥州三名湯に数えられる鳴子温泉の湯宿「幸雲閣」と「ますや」が、全国に34施設を擁する大江戸温泉物語グループの宿として2016年10月7日にリニューアルオープンしました。

同グループの宿といえば、シェフが目の前で腕をふるう豪華バイキングとリーズナブルな料金が好評。このスタイルが鳴子温泉の2つの旅館で楽しめるようになり、大きな注目を集めています。

その実力を確かめるべく、いざ「幸雲閣」と「ますや」へ。実際に肌で感じた魅力をレポートします!

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣

歴史ある湯宿に、バイキングレストラン新設!

はじめに訪れたのは、1782年創業の歴史を受け継ぐ老舗旅館「幸雲閣」。黒い湯の花が舞う希少な源泉「車湯」を、今に伝える温泉宿です。

今回の第一弾リニューアルでは、バイキングレストランと外観を刷新。伝統を礎にした落ち着きや安心感はそのままに、新しい食の楽しみが加わりました。では早速、リニューアルの様子をのぞいてみましょう。

改装された外観。高さ3メートルほどの「こけし提灯」が、やさしい表情で迎えてくれます。

今回のリニューアルの最大の目玉は、“伝説の料理人”と名高い高階孝晴氏がプロデュースを手がけたバイキングレストラン。開放感あふれる会場には、朝夕合わせて約140種類のバラエティ豊かな料理が並びます。

長さ10メートルを超えるライブキッチンには常時シェフが立ち、ステーキや天ぷら、パスタなどを華麗に調理。目の前で繰り広げられる職人技に見とれているうちに、できたてのアツアツを取り分けてくれます。

新設のバイキングレストラン。写真奥のライブキッチンでは、シェフが腕をふるいます。

バイキングのプロデュースを手がけた高階孝晴氏は、かつてプリンスホテルの調理部長として大人気ブッフェレストラン「ハプナ」を牽引。年間100万人を集客し続けた味や感性を、鳴子の地で堪能できます。

ステーキや天ぷら、パスタなど、できたての美味しさは格別!

さらに2016年11月30日まではオープン記念の特別メニューとして、三陸産海の幸や生マグロの握りも提供。より贅沢なグルメを味わうことができるので、このチャンスをお見逃しなく。

またこの先、バイキングメニューも少しずつ入れ替えるとのこと。定番メニューのほかに、季節に合わせた料理も登場するので、何度訪れても新鮮な楽しみに出会えそうです。

そして「幸雲閣」といえば、鳴子温泉で最大級の大露天風呂「鳴子百畳露天風呂」も見逃せません。開放感たっぷりの温泉に浸かり、体の疲れも心の澱みも湯に流しましょう。

L字型に湯船が広がる「鳴子百畳露天風呂」は、男女それぞれ50畳ほどの広さ。

さらに今後は第二弾リニューアルも控えており、大浴場・ロビー・客室も改修予定。2017年3月のグランドオープンに向け、さらなる期待がふくらみます。どうぞお楽しみに!

大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや

幅広い世代がワクワク!多彩な楽しみを持つ宿に。

続いては、JR鳴子温泉駅から徒歩3分の「ますや」へ。鳴子温泉の山河を一望できる湯殿が自慢の宿です。

「ますや」のリニューアルでは、バイキングレストランの新設に加え、外観やフロントロビーも改装。さらに子どもから大人まで楽しめるアミューズメントコーナーもオープンしました。

これまでの温泉宿としての寛ぎに、エンターテインメント性も融合された「ますや」。その進化を体験するため、実際に宿泊してきました。

鳴子の大江戸温泉物語のシンボル「こけし提灯」がお出迎え。

まずは、「幸雲閣」同様に高階孝晴氏がプロデュースしたバイキングレストランを体感。この「ますや」でも、朝夕合わせて約140品が食べ放題です。活気あふれるライブキッチンでは、天ぷらやステーキが目の前で調理され、いつでもアツアツが味わえます。

さらにオープン記念特別メニューとして、豪華なローストビーフもサービス。シェフが大きなナイフを片手に、お肉を1枚1枚カッティングしてくれます。大好評につき、期間を延長して2017年1月9日まで実施とのことです!

バイキングレストラン会場。和洋中の創作料理が所狭しと並びます。

カッティングしたてのローストビーフは、やわらかくてジューシー!

ホタテ、カキ、サザエなど、焼きたての魚介類をお好きなだけどうぞ。

彩り豊かなアンティパストのほか、フルーツやスイーツなども充実。

バイキングを心ゆくまで堪能したあとは、腹ごなしにアミューズメントコーナーへ。子どもが楽しめるゲーム機から昭和世代が懐かしむテレビゲーム、さらにマンガ本や卓球台などがあり、大人も童心に返って遊べます。

マンガ本やテレビゲームに夢中になるのは、子どもより大人かも!?

温泉で卓球…かつての定番も、今ではレア。この出会いを逃すべからず!

卓球で汗を流したあとは、リニューアルされたお風呂で湯浴みを。美しい山並みを見渡せる男湯と、ユニークな窯風呂を設えた女湯。男女それぞれに大浴場と露天風呂があり、鳴子の良質な天然温泉を楽しむことができます。

地上8階にある男湯の大浴場。窓の奥に広がる自然にも心癒やされます。

男湯の露天風呂。夕焼けや星空を眺めながらの湯浴みも、贅沢な時間です。

女湯には窯風呂を配置。「ますや」のモチーフである枡にも、源泉が注がれています。

極上バイキングと名湯で心身ともに満たされたら、夜の眠りもぐっすり。翌日の朝食バイキングでは和洋食やフルーツなどに加えて、仙台名物の笹かまぼこやしそ巻き、さらにはライブキッチンで仕上げるお雑煮なども味わえます。また、チェックアウト11時という心遣いにも感謝。朝食後もゆっくり過ごせるのが、うれしいですね。

まとめ

この宿泊料金で、これほど満足感に浸れるとは…。リニューアルを遂げた「幸雲閣」と「ますや」は安心価格ながら、のんびりとワクワクを一挙両得できるオトクな温泉宿でした。バイキングも品数が多いだけでなく、できたてを味わえるし、開放感あふれる空間でゆっくり食事を楽しめるのも魅力。季節が移り変わるたびに、また気軽に足を運びたいと思えるお宿です。 大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣

TEL/0570-030-268

住所/宮城県大崎市鳴子温泉字車湯17

アクセス/車:東北道古川ICより40分 電車:JR鳴子温泉駅より徒歩15分

駐車場/140台

料金/1泊2食7980円~(税別、平日大人4名1室利用)

※上記料金は2017年3月31日まで。4月以降は要問合せ

「大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣」の詳細はこちら

大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや

TEL/0570-020-268

住所/宮城県大崎市鳴子温泉字湯元82

アクセス/車:東北道古川ICより40分 電車:JR鳴子温泉駅より徒歩3分

駐車場/80台

料金/1泊2食7980円~(税別、平日大人4名1室利用)

※上記料金は2017年3月31日まで。4月以降は要問合せ

「大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

穴場情報付き!「高野龍神スカイライン」の紅葉&周辺おすすめ情報【和歌山】
旅行のプロがおすすめ!テーマで選ぶ秋旅6選【関東・東北】
穴場情報付き!「大歩危・祖谷」の紅葉&周辺おすすめ情報【徳島】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP