体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お手頃価格で大満足!宮城県鳴子温泉に、大江戸温泉物語グループの2宿が誕生‼

お手頃価格で大満足!宮城県鳴子温泉に、大江戸温泉物語グループの2宿が誕生‼ 大江戸温泉物語

奥州三名湯に数えられる鳴子温泉の湯宿「幸雲閣」と「ますや」が、全国に34施設を擁する大江戸温泉物語グループの宿として2016年10月7日にリニューアルオープンしました。

同グループの宿といえば、シェフが目の前で腕をふるう豪華バイキングとリーズナブルな料金が好評。このスタイルが鳴子温泉の2つの旅館で楽しめるようになり、大きな注目を集めています。

その実力を確かめるべく、いざ「幸雲閣」と「ますや」へ。実際に肌で感じた魅力をレポートします!

大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣

歴史ある湯宿に、バイキングレストラン新設!

はじめに訪れたのは、1782年創業の歴史を受け継ぐ老舗旅館「幸雲閣」。黒い湯の花が舞う希少な源泉「車湯」を、今に伝える温泉宿です。

今回の第一弾リニューアルでは、バイキングレストランと外観を刷新。伝統を礎にした落ち着きや安心感はそのままに、新しい食の楽しみが加わりました。では早速、リニューアルの様子をのぞいてみましょう。大江戸温泉物語 鳴子温泉 幸雲閣

改装された外観。高さ3メートルほどの「こけし提灯」が、やさしい表情で迎えてくれます。

今回のリニューアルの最大の目玉は、“伝説の料理人”と名高い高階孝晴氏がプロデュースを手がけたバイキングレストラン。開放感あふれる会場には、朝夕合わせて約140種類のバラエティ豊かな料理が並びます。

長さ10メートルを超えるライブキッチンには常時シェフが立ち、ステーキや天ぷら、パスタなどを華麗に調理。目の前で繰り広げられる職人技に見とれているうちに、できたてのアツアツを取り分けてくれます。バイキングレストラン 新設のバイキングレストラン。写真奥のライブキッチンでは、シェフが腕をふるいます。高階孝晴氏 バイキングのプロデュースを手がけた高階孝晴氏は、かつてプリンスホテルの調理部長として大人気ブッフェレストラン「ハプナ」を牽引。年間100万人を集客し続けた味や感性を、鳴子の地で堪能できます。バイキングレストラン

ステーキや天ぷら、パスタなど、できたての美味しさは格別!

さらに2016年11月30日まではオープン記念の特別メニューとして、三陸産海の幸や生マグロの握りも提供。より贅沢なグルメを味わうことができるので、このチャンスをお見逃しなく。

またこの先、バイキングメニューも少しずつ入れ替えるとのこと。定番メニューのほかに、季節に合わせた料理も登場するので、何度訪れても新鮮な楽しみに出会えそうです。

そして「幸雲閣」といえば、鳴子温泉で最大級の大露天風呂「鳴子百畳露天風呂」も見逃せません。開放感たっぷりの温泉に浸かり、体の疲れも心の澱みも湯に流しましょう。鳴子百畳露天風呂
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。