ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】宇多田ヒカル、RADWIMPS 勢い衰えず上位キープ!『Fantome』3連覇達成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”では、先週のトップ2が順位をキープ。1位が宇多田ヒカル『Fantome』。2位はRADWIMPS『君の名は。』という結果となり、『Fantome』が3連覇を果たした。

 『Fantome』は、CDセールスで6万枚以上を売り上げてこの部門1位、ダウンロードでも1位、ルックアップ2位と、各指標で大きくポイントを獲得。先週より総合ポイントは落ちてしまったが、それでも2位以下に大差をつけて1位となった。来週の4連覇に期待がかかる。その4連覇を達成したRADWIMPS『君の名は。』は、CDセールス3位、ダウンロード2位、ルックアップ1位として8回目のチャートインでも高順位を守り続けている。RADWIMPSの紅白のニュースや映画の興行収入が150億円を突破したことなど『君の名は。』関連の話題はまだまだ尽きない。そして、そのRADWIMPS・野田洋次郎のソロプロジェクト、illionのニューアルバム『P.Y.L』は6位に入った。

 Happinessの約4年ぶりのニューアルバム『GIRLZ N’ EFFECT』は初登場で3位に。CDセールスでは2位に入ったが、デジタル・ルックアップでポイントが伸びず、総合3位でフィニッシュ。また、洋楽タイトルで今週もトップ10入りをキープしたのは、8位ノラ・ジョーンズ『デイ・ブレイクス』。CDセールスは落ち着いてきたが、ダウンロードで好調を維持。日本でも人気が高いことを証明している。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『Fantome』宇多田ヒカル
2位『君の名は。』RADWIMPS
3位『GIRLZ N’ EFFECT』Happiness
4位『EXTREME BEST』EXILE
5位『虚無病』amazarashi
6位『P.Y.L』illion
7位『daydream 』Aimer
8位『デイ・ブレイクス』ノラ・ジョーンズ
9位『愛してもいいですか?』高橋みなみ
10位『Monologue』TEAM H
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

10月24日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】星野源、ダウンロードと動画再生増で関ジャニ∞を抑え、JAPAN HOT100総合首位 全米77位のピコ太郎、動画再生2,200万回超えで総合3位
【ビルボード】宇多田ヒカル『Fantome』貫録の3連覇、Happinessが2位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP