ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小松菜奈/菅田将暉/上白石萌音ら登壇! 映画『溺れるナイフ』完成披露試写舞台挨拶で語られた過酷な夏の17日間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年11月5日に公開となる映画『溺れるナイフ』の完成披露試写舞台挨拶が10月18日に行われ、小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、山戸結希監督が登壇した。

映画『溺れるナイフ』劇中カット

 昨年9月に和歌山の大自然を舞台に17日間という短い期間で撮影された本作は、天候的にも時間的にも厳しかったということから、この日は劇中の場面写真を使い「友情編」「恋愛編」「激写編」の3つに分けてのトークイベントが行われ、撮影当時の思い出話で盛り上がった。

 まず、最初の「友情編」では、クールな言動とその奥に秘めたギャップで、小松演じる夏芽の心をわしづかみにする少年コウを演じる菅田と、その親友・大友を演じた重岡の教室での2ショットが映し出された。2人は同じ関西出身。お互いの第一印象について質問が及ぶと菅田は「現場の太陽と言われていた」と重岡の現場での立ち振る舞いを絶賛し、重岡は照れながら「最初は寡黙な人だと思っていました」と言いつつも「まとめるとめっちゃ、いいやつ!」とコメント。すると菅田はすぐさま「雑!」とツッコミを入れ、会場からは笑いが起こった。

 そして、普通の中学生から少し垢抜けた高校生へとなった、コウの幼馴染で彼を慕うカナの比較写真には観客から驚きの声が。カナを演じた上白石は、「実は撮影前に山戸監督から中学生を演じるにあたり体重を増やしてと言われて……。高校生を演じる4日後には体重を元に戻して臨んだ」と告白すると、「いわゆる高校デビューする劇的ビフォーアフターです」と会場を笑わせた。

 続く「恋愛編」では、夏芽とコウが一緒に海に浸かってびしょ濡れになるシーンが映し出され、菅田は「『溺れるナイフ』を象徴するシーン」と語り、小松は「制服が重いのと、おもりをつけて、お芝居をするのが大変でした」と撮影のエピソードを暴露した。さらに重岡は「普通の恋愛映画は“壁ドン”ですが、“海ドボン”ですね。そして、ただ甘いだけじゃない! ……海水だけにね!」とドヤ顔。場内からは再び歓声と笑いが起きた。

 さらに「激写編」では、気鋭のカメラマン広能を演じた志磨遼平が、演技初挑戦となった本作について「初めてなので何を準備していいかわからなかった。普段バンドをやっていて一般の方よりは写真を撮ってもらっているので、いつも撮ってくれる人をイメージした」と感想を述べると、撮影機会の多かった小松からは「こんなカメラマンさんは実際にいて、はまっていました!」と絶賛していた。

 最後はキャストと監督が映画の魅力を語り、大盛況の末、イベントは幕を閉じた。

◎映画『溺れるナイフ』完成披露試写舞台挨拶
2016年10月18日(火)有楽町朝日ホール
登壇者:小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、山戸結希監督

◎映画『溺れるナイフ』
2016年11月5日(土)TOHOシネマズ渋谷ほか全国ロードショー
出演:小松菜奈、菅田将暉、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)、斉藤陽一郎、嶺豪一、伊藤歩夢、堀内正美、市川実和子、ミッキー・カーチス
原作:ジョージ朝倉『溺れるナイフ』(講談社『別フレKC』刊)(C)ジョージ朝倉/講談社
監督:山戸結希
脚本:井土紀州、山戸結希
音楽:坂本秀一 
製作:「溺れるナイフ」製作委員会(ギャガ/カルチュア・エンタテインメント)
企画協力・制作プロダクション:松竹撮影所
制作プロダクション:アークエンタテインメント
配給:ギャガ
(C)ジョージ朝倉/講談社(C)2016「溺れるナイフ」製作委員会

関連記事リンク(外部サイト)

小松菜奈&菅田将暉のラブラブシーン満載! ドレスコーズによる『溺れるナイフ』主題歌MV公開
小松菜奈&菅田将暉W主演映画『溺れるナイフ』躍動感に溢れた予告編公開
ドレスコーズ 小松菜奈・菅田将暉W主演映画『溺れるナイフ』主題歌を担当

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP