ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松本民芸家具の買取は「わかる」ショップで。おすすめ買取店

  • ガジェット通信を≫

民芸という言葉を耳にすると、何とも言えない裏ぶれた気持ちになりませんか。うっすらとホコリをかぶったお土産物コーナーにある「民芸品」……しかし、この民芸なる言葉を考案した柳宗理によると「今日の汚れたデザイナーが到底タッチできないほど、神聖なものである」とか。つまり、ここに民芸の本質はあるのであって、よくわからないお土産物の彫刻にはないという……こんなところから、今回の話は始まります。

「民芸」を名乗る松本民芸家具とは?

出典:ラフジュ工房

そんな柳宗理に触発されてしまい、民芸家具の製作に一生を捧げる決意を持ったのが「松本民芸家具」の創業者・池田三四郎。芸術家やデザイナー先生の息がかからない、職人の手による家具を作り続けるという創業以来の理念は松本民芸家具の製品に強く反映されており、製品に宿る民芸の本質に気づかされるのです。

国産材を用い、全工程で手作業にこだわり作り上げられる、松本民芸家具の製品にあるのは、しっかりとした造りや実用性と美しさ。和洋どちらでもマッチするシンプルなデザインは、今でもファンを増やし続けているのです。

松本民芸家具の代表的な製品とは?

リーチチェア

出典:カムズファニチャー

英国の陶芸家であり、松本民芸家具との関わりも深い故バーナード・リーチにインスパイアを受けた製品。背もたれは英国風、足は日本風、そしてどんなインテリアにもマッチするという不思議な味を持っています。買取予想価格は5,000円~/一脚、ダイニングで使いたい人が多いと予想されますから、複数揃っていると買取金額もアップするでしょう。

座卓

出典:カムズファニチャー

仕上げの丁寧さや、さり気なく施されたデザインが「らしい」スツール、いや座卓は人気の製品です。買取予想価格は1万円~、近年の住宅事情から、あまり大きなものより小ぶりのもののほうが需要が高いもの。貼りこんだ和紙に漆で仕上げた「一閑張座卓」など使い勝手の良い製品がそろっています。

サイドボード

出典:松本民芸家具

どっしりした仕上げが特徴のサイドボード。松本民芸家具らしい厳選された素材を活かした労作で非常に高価な製品なのですが、惜しむらくは置く場所を選ぶ……買取価格は非常に厳しくなってしまい、予想価格は2万円~。ぜひ、おおらかな気持ちで手放してくださいませ。

他にも小ぶりのスツールや、代表作でもある「バタフライテーブル」など小さいもの、使い勝手がいいものほど買取価格は高い傾向にあります。特に両サイドを折りたためるバタフライテーブルは需要が高い製品、買取予想価格も数万円~と期待が持てるのです。

松本民芸家具の製品を評価してもらうには

出典:カムズファニチャー

家具を買おうという人がいない、買うとしても、近年では「お値段以上~♪」で充分とかそんな風潮がありますから、中古家具の扱いについては各リサイクルショップとも頭を悩ませています。そうなると、どんな一流メーカーが手がけたものであったとしても買取価格は安くなってしまいます……ということは大前提。松本民芸家具も例外ではありません。

「わかっている」ショップを探す

松本民芸家具の製品には声高にブランドを名乗るマークなどがありません。それと見て良さを感じ、評価をつけることができる「わかっている」ショップを探す必要があります。とりあえずWebで数店舗ピックアップしてみましょう。

ショップ間で事前査定を依頼する

電話やHP上のフォームから事前査定を申し込み、複数の店舗で結果を比較します。この時に、いつごろ買ったものなのかとか、状態などを正確に伝えなければ、正確なリサーチとはなりません。写真を添付するなど、多少の手間を掛ける必要があります。

かかる費用を考える

家具は大きなものですから手段がなければ、例え近いショップでも引き取りに来て貰うか、送付する必要があります。事前査定時に、買取にかかる費用はどちらが持つかは必ず明確にしておくこと、ちなみに送料は数万円かかってしまったりもします。コレを考えると近いショップが一番なのですが……。

松本民芸家具製品の査定基準


製品の人気があるかないか

松本民芸家具の代表的な製品といえば、上でも取り上げたリーチチェアやサイドボードになるでしょう。しかし、環境を選ぶサイドボードは販売価格が高価な割には、高い買取はつきません。やはり、どんな部屋にもマッチするようなアイテムの査定は高くでる傾向があります。

状態の良し悪し

丈夫なつくりは松本民芸家具のセールスポイントではあるのですが、どうしてもキズやガタツキは使ううちに出てくるもの。そういった点は、査定上マイナスポイントになります。また、ヤケやキズも所有している分には味と判断することもできますが、いざ買取となると減額されるポイントになってしまいます。

おすすめの買取店

カムズファニチャー

出典:カムズファニチャー
HP上にも豊富な松本民芸家具の買取事例をアップしている「カムズファニチャー」、ブランド家具買取では相当な有名店、商品写真を見ても家具に対する愛情が伝わってくるようです。そして買取った家具をメンテナンスする手腕も特筆モノ。単に買取だけをしているショップではないのです。

ラフジュ工房

出典:ラフジュ工房
ブランド家具を扱うショップは東京に集中していて……とお嘆きの方、「ラフジュ工房」が立地するのは茨城県、地方にあるメリットとして地代家賃が安くて住むというのがありますので、高価買取が期待できるかも。もちろん買取方法も出張や宅配に対応しています。

やっぱり家具は大きいから……

松本民芸家具の製品にかぎらず、家具の買取を考えるときに一番のネックとなってくるのはショップまでどう持ち込むか。上の項目で紹介した2店舗はその点も重視しています。いくら高価買取をしてくれるようなショップでも、例えば宅配と考えると送料は1万円を超えてしまうことはザラですし、輸送中のトラブルとも無縁ではありません。そして送料はショップが持ってくれるとしても、やはり買取価格に反映されてしまうものなのです。以上のことから、やはり近場を軸にしてショップ選びをしていくとことになるのです。

松本民芸家具は人気があるのです!!

出典:松本民芸家具

しかし……リサイクルの世界と家具は相性が悪いのです。それは、人気がある松本民芸家具も同じこと。では、どうすればいいのか?もっと、家具のリサイクルのジャンル自体の活性化が必要ではないでしょうか。北欧の安価な家具店ばかりもてはやされていますが、高品質でデザインも良い松本民芸家具のような製品を受け継ぐ方が幸せになりそう。もっと中古家具市場の活性化が必要ではないかと考えてしまうのです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP