ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シナトラはスーツを着たら決して座らなかった!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

シナトラはスーツを着たら決して座らなかった!?
J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」のワンコーナー、「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」(ナビゲーター:西村由紀江)の今週のテーマは「フランク・シナトラ」。10月18日(火)のオンエアでは、シナトラという人物について紹介しました。

「シナトラの歌声にはみずみずしさを感じます」と言う西村。「アレンジやサウンドには時代を感じても、昔の音楽というよりは、今生きている音楽という感じがするんです。シナトラの声、存在をすごく近くに感じますね」

シナトラの友人でもあったジャーナリスト、ピート・ハミルは、シナトラの伝記の中で、こう記しています。

「シナトラは決して休むことはなかった。歌い続けた。彼は休むことなく生き続けなさいと、私たちに語っていたのだ」

もう一人、アメリカの有名なジャーナリスト、ゲイ・タリーズは、『もしシナトラが風邪をひいたら』という本を書いています。その中で、「もしシナトラが風邪をひいてひとつくしゃみをしたら、アメリカの経済に多大な影響を及ぼす」と書いていました。

実際、シナトラはほとんど休まず、働き続けたそうです。

俳優の高倉健さんは、映画の撮影中、決して座らなかったといいます。多くのスタッフが忙しく働いているのに、自分だけ座るのは申し訳ない、と高倉さんは語ったそうです。シナトラは、一度タキシードを来たら、楽屋でも決して座らなかったと言われています。その理由は、「座るとしわができて、ステージでだらしなく見えるから」。まさにプロフェッショナルの言葉です。

19日(水)の「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」も、引き続きフランク・シナトラの魅力を掘り下げます。どうぞお楽しみに♪

【番組情報】
番組名:「DAIWA HOUSE SECRET NOTES」
放送日時:月・火・水・木曜 15時15分−15時20分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/secretnotes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。