ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中孝介、代表曲「花」新MVにネクストブレイク期待の松本穂香&奥野瑛太が出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月26日に中孝介にとって初となるベストアルバム「THE BEST OF KOUSUKE ATARI」がリリースされるのを受け、代表曲「花」の2016年バージョンのミュージックビデオが制作されることになった。その新MV「花 Music Video 2016ver.」が完成し、GYAO!にて独占公開がスタートした。

この作品は、奄美大島在住の中孝介が夜行バスに乗ってとある街に着き、その街を彼の視点で見て歩くという設定で撮影が行われた。最初は少し威圧感のある都会の風景が、人の暮らしの見える路地や、そこに働く人々、歩道脇に咲いている花を眺めていくうちに親しみの持てる風景に見えてくるという流れになっている。最後は登場人物が次々と「私の花」を披露していくが、どのシーンも、それぞれの居場所で、思い入れのある場所で、ということを大事に撮影されている。

MVには、一般人の出演者が多数登場しているが、ネクストブレイクが期待される俳優も2名出演している。一人は実力派の新人女優・松本穂香、そしてもう一人が近年話題の映画やドラマに続々出演している俳優・奥野瑛太。松本穂香は新人OL役、奥野瑛太はドライバー役でそれぞれ印象的なシーンに登場する。

また、映像の公開にあわせ、GYAO!ではベストアルバムにも収録される中孝介のミュージックビデオを公開中。

松本穂香 コメント
「花」を聞いて、すごく強い気持ちみたいなものを感じました。何があっても強い心を持って生きていこうという、人間の中にある優しさとか、聞いていて優しさに包まれているなという感覚がしてすごく心地よかったです。この気持ちを私も誰かに伝えたい、頑張ろうという気持ちにさせてくれる素敵な歌でした。

奥野瑛太 コメント
この唄のように、ただそこに当たり前のように立っていることの難しさとその強さを感じる撮影でした。

人それぞれ、様々な状況の中で、その瞬間瞬間を何気なく必死に生きている。そんな普遍的かつ刹那的な大切な事を、無理強いや説教をするわけでなく、ただそこ佇みながら優しく唄っている中孝介さんに励まされたりしながら聴いてます。

僕も生命力にあふれたこの唄のように、地に足つけて生きていけたらいいなと思います…うーむ、なかなかできないな…。

正子善子(まさご・よしこ)監督 コメント
普段暮らしている中で気になる人をじっくり撮ってみると、なんとかっこいいことでしょう! それぞれの人が抱えているものがこの曲によって滲み出て、人そのものの存在の大きさに圧倒されます。電柱をかき分けるようにして都会に咲いている花も同じく可憐でかっこいいものでした。

ホワイトボードに「私の花(とは)唄」と書いた中さんの文字も、都会に咲く花とどこか似ていたのも印象的でした。

中孝介 コメント
人はこの世に生を受け、それぞれの人生を生きていきます。

それぞれの花がある様に、それぞれの人生があり、その中で自分にとっての幸せを見付けていきます。

向かい風に当たる時、その幸せが自分や誰かを支えてくれます。

このミュージックビデオには幸せの‘花’がたくさん詰まっています。

「花 Music Video 2016ver.」
GYAO!:http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v09468/v0993900000000548401/

リリース情報

アルバム「THE BEST OF KOUSUKE ATARI」
2016年10月26日(水)発売
ESCL-4712〜4713 3,519円+税

関連リンク

中孝介 オフィシャルサイトhttp://www.atarikousuke.jp/
中孝介&スタッフオフィシャルTwitter:https://twitter.com/atarikousuke
中孝介 オフィシャルYouTubehttp://www.youtube.com/user/kousukeatariSMEJ
■中孝介 facebookhttps://www.facebook.com/atarikousuke.mottonippon

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP