ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、4.6インチコンパクトモデル「Xperia X Compact SO-02J」を発表、新色“ソフトピンク”もラインアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 10 月 19 日、2016 ~ 2017 年冬春のドコモスマートフォンとして、Sony Mobile のコンパクトモデル「Xperia X Compact SO-02J」を発表しました。発売時期は 11 月上旬です。Xperia X Compct は Xperia XZ と同時に発表された 4.6 インチ画面のコンパクトモデルで、国内では NTT ドコモだけで販売されることになります。NTT ドコモモデルは海外モデルをベースに、おサイフケータイやワンセグ、IP68 レベルの防水・防塵に対応させたほか、画面をタッチせずに電話をかけられる「スグ電 」、新バージョンの「i コンシェル」に対応しています。また、カラバリには海外モデルのミストブルー、ホワイト、ユニバースブラックのほか、新たに「ソフトピンク」が追加されています。フルセグには非対応で、対応する LTE の下り速度は最大 262.5Mbps となっています。Xperia X Compact は、Xperia Z5 Compact の後継モデルとも言える機種になります。Xperia XZ と同等のリアカメラを搭載していますが、プロセッサは Snapdragon 650 1.8GHz ヘキサコアに下げらえています。筐体サイズは 129 x 65 x 9.5mm、質量は 135g で、ディスプレイサイズは 4.6 インチ 1,280 x 720 ピクセルの液晶を採用。Xperia XZ SO-01J と同様に USB Type-C や指紋リーダー付き電源ボタンを搭載しています。また、メモリ仕様は 3GB RAM、32GB ROM、Micro SD(最大 256GB)で、バッテリー容量は 2,700mAh。このほか、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.2、NFC、Miracast、Wi-Fi Direct、DLNA、GPS / GLONASS、ハイレゾ音源の再生、デジタルノイズキャンセリング、ClearAudio+、DSEE HX、LDAC にも対応しています。

■関連記事
NTTドコモ、Sony Mobileの最新フラッグシップ「Xperia XZ SO-01J」を発表
Google、Pixel / Pixel XL用保護ケース「Live Case」の販売を開始
Samsung、Galaxy Note 7の交換用特設ブースを韓国以外の空港にも設置開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP