体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安全で快適な「北欧」の魅力とは?観光や交通のインフラは◎

安全で快適な「北欧」の魅力とは?観光や交通のインフラは◎

その美しい自然環境とハイセンスな街並みから、旅先として根強い人気を誇る北欧スカンジナビア。

高い人気を表すかのように、これまでTABIPPOでも多くの特集が組まれていますが、実は人気の観光地はスカンジナビア半島南部に集中しており、スカンジナビア半島北部の北極圏を訪ねる旅人は多くはありません。

今回はその北欧北部、北極圏にフォーカスしてみたいと思います。

 

北欧の北極圏周辺は、国境を越えてひとまとめにラップランドと呼ばれ、北欧諸国の人々にとっても特別な場所です。
(日本人にとっての北海道のような感覚です)

実は私は、アラスカやカナダ北部を10年以上リピートし続けている極北フリーク。アラスカ&カナダ北部と比較しながら、北欧の極北であるラップランドならではの見所からアクセスまでをお伝え致します。

 

オーロラ(ラップランド各地)

150410999_a5e845957c_o

Photo by Nick Russill

言わずとしれた美しい自然現象であり、極北トリップのアトラクションの目玉ですので説明は割愛しますが、実際に生で見るとその神秘さは想像を絶します。みなさんぜひ一度極北へ足を運んでください。ちなみに海とオーロラのコラボレーションは、他ではあまりお目にかかれません。

さらに北欧の冬は、沖合を流れる暖流の影響から気温-10℃〜-20℃と北米ほど冷え込みません。北米のアラスカ、カナダ北部と比べて暖かく(笑)気軽にオーロラ鑑賞ができるのは北欧ならではです。
(北米のピークは-20℃〜-40℃)

 

白夜と極夜(ラップランド各地)

P6041987

Photo by TKY
夜12時の北の空

P6062482

Photo by TKY
真夜中の太陽    

白夜は、夏の時期、夜になっても太陽が沈まない現象です。いっぽう極夜は、その正反対で冬の時期、昼になっても太陽が昇らない現象です。多少の誤差はあるものの、北半球では北極圏(北緯66.33°)以北にて起こります。
(※北極圏の定義は、つまり北半球の日照範囲が最大となる夏至の日の白夜の南限です。)

深夜に夕焼けを迎え、そのまま夕陽が地平線上を横滑りし、また登り出す白夜。極地の自然が生み出す奇跡の美しさを見に行きましょう!

 

フィヨルド(主にノルウェー)

15527165741_e43b93102f_k

Photo by Camilla

フィヨルドは、氷河による浸食によって形成された複雑な地形が海に沈んだ入江、湾のこと。ノルウェーで生まれた言葉なんです。フィヨルドはアラスカやチリ、ニュージーランドでも見ることができますが、やはりノルウェーのフィヨルドこそが真のフィヨルドであり、最も有名です。

ノルウェー最大の見所とされる観光名所「ソグネフィヨルド」などは、オスロからアクセスの良いノルウェー南西部に集中していますが、北極圏でも立派で美しいフィヨルドは見られます。何より北極圏は雪化粧の期間が長く、またオーロラや白夜とのコラボレーションという、ラップランドならではの絶景が楽しめます!

 

ロフォーテン諸島(ノルウェー)

13192000545_b8e256f44d_k
1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy