ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安全で快適な「北欧」の魅力とは?観光や交通のインフラは◎

DATE:
  • ガジェット通信を≫

その美しい自然環境とハイセンスな街並みから、旅先として根強い人気を誇る北欧スカンジナビア。

高い人気を表すかのように、これまでTABIPPOでも多くの特集が組まれていますが、実は人気の観光地はスカンジナビア半島南部に集中しており、スカンジナビア半島北部の北極圏を訪ねる旅人は多くはありません。

今回はその北欧北部、北極圏にフォーカスしてみたいと思います。

 

北欧の北極圏周辺は、国境を越えてひとまとめにラップランドと呼ばれ、北欧諸国の人々にとっても特別な場所です。
(日本人にとっての北海道のような感覚です)

実は私は、アラスカやカナダ北部を10年以上リピートし続けている極北フリーク。アラスカ&カナダ北部と比較しながら、北欧の極北であるラップランドならではの見所からアクセスまでをお伝え致します。

 

オーロラ(ラップランド各地)

Photo by Nick Russill

言わずとしれた美しい自然現象であり、極北トリップのアトラクションの目玉ですので説明は割愛しますが、実際に生で見るとその神秘さは想像を絶します。みなさんぜひ一度極北へ足を運んでください。ちなみに海とオーロラのコラボレーションは、他ではあまりお目にかかれません。

さらに北欧の冬は、沖合を流れる暖流の影響から気温-10℃〜-20℃と北米ほど冷え込みません。北米のアラスカ、カナダ北部と比べて暖かく(笑)気軽にオーロラ鑑賞ができるのは北欧ならではです。
(北米のピークは-20℃〜-40℃)

 

白夜と極夜(ラップランド各地)

Photo by TKY
夜12時の北の空

Photo by TKY
真夜中の太陽    

白夜は、夏の時期、夜になっても太陽が沈まない現象です。いっぽう極夜は、その正反対で冬の時期、昼になっても太陽が昇らない現象です。多少の誤差はあるものの、北半球では北極圏(北緯66.33°)以北にて起こります。
(※北極圏の定義は、つまり北半球の日照範囲が最大となる夏至の日の白夜の南限です。)

深夜に夕焼けを迎え、そのまま夕陽が地平線上を横滑りし、また登り出す白夜。極地の自然が生み出す奇跡の美しさを見に行きましょう!

 

フィヨルド(主にノルウェー)

Photo by Camilla

フィヨルドは、氷河による浸食によって形成された複雑な地形が海に沈んだ入江、湾のこと。ノルウェーで生まれた言葉なんです。フィヨルドはアラスカやチリ、ニュージーランドでも見ることができますが、やはりノルウェーのフィヨルドこそが真のフィヨルドであり、最も有名です。

ノルウェー最大の見所とされる観光名所「ソグネフィヨルド」などは、オスロからアクセスの良いノルウェー南西部に集中していますが、北極圏でも立派で美しいフィヨルドは見られます。何より北極圏は雪化粧の期間が長く、またオーロラや白夜とのコラボレーションという、ラップランドならではの絶景が楽しめます!

 

ロフォーテン諸島(ノルウェー)

Photo by Martin de Lusenet

世界で最も美しい場所のひとつと呼ばれることもある世界的景勝地で、フィヨルドが島なみを形成しています。アルプスの頂を海に浮かべたようと形容されることもあり、特に雪化粧した険しい山と海のコラボレーションはロフォーテン諸島ならでは。

アクセスは決して良くないものの、行く価値は大いにアリです。緯度の割に温暖なので漁村としても栄えており、さらに干ダラやサーモンの産地としても有名です。脂ののったノルウェーサーモンがたまりません!!

 

ノールカップ(ノルウェー)

Photo by David Volgyes

知る人ぞ知る、EU圏最北端の岬です。北緯71.10°を越えるこの岬は、その気象条件から北極の一部として扱う識者もいるほどの辺境です。最北端や最南端といった端っこ好きが多い旅人としては、絶対に行っておきたいポイントですね。

北の端にあるこの岬から見えるものと言えば北極海のみ。北の空で起こる白夜の輝きを遮るものは一切なく、見渡す限り赤い光に包まれた絶景を見られるのはノールカップならでは!

 

実はアラスカで同じ景色を見ようとしても、アラスカ北極圏は危険がたくさん。グリズリーが生息する未舗装の山域を自力で旅して、北極海まで辿り着くのはまさにサバイバルです。しかし安心してください。

北欧では、近くの町までフライトし、そこからレンタカーかバス(ロヴェニエミ(フィンランド)→12.5h→ホニングスヴォーグ(ノルウェー)→0.5h→ノールカップ)を乗り継いでラクラク北極海まで達成できます。この安全で快適な旅も北欧ならではです!

 

ラポニア国立公園(スウェーデン)

Photo by TKY

Photo by TKY

ラップランド圏内のスウェーデン領域に位置する国立公園で、世界遺産にも登録されています。ラポニアはスウェーデンの自然環境を象徴するような、美しい森と湖の自然域。さらにトナカイを追いながら定住しているサーメ人、ラップ人の居住地となっており、先住民と会えるかも!

なかでもアビスコと呼ばれるロングトレッキングルートや自然美との共存を追求したツリーホテルは、SNSで話題になったこともあり、一度は訪ねてみたい場所でしょう。

 

サンタクロース村(フィンランド)

Photo by Visit Lakeland

ロヴェニエミ(フィンランド)郊外ではサンタ協会公認の本物のサンタクロースが住む村があります。まさに世界で唯一、ここならでは。サンタクロースとは、記念撮影はもちろん、直接会話も楽しめます。(残念ながら日本語は理解してくれませんが…)

日本のどこから来たかというような会話には、『毎年クリスマスに行くから知ってるよ〜』と対応上手な一面も。きっとあなたの子供の頃の寝顔を覚えてくれているハズです。大人でさえ胸躍る再会をぜひ。

 

北欧の街並み(ラップランド各地)

Photo by The Municipality of Tromso

Photo by TKY

北極圏といえど、そこは北欧。ヴァイキングが世界各地から持ち帰った文化が豊かに残る街並みはとても美しいです。街角には教会、レンガの街並み、石畳など歴史的建造物が残り、さらに北欧ならではのハイセンスな建造物やカラーリングと見事に調和されています。

また街を一歩出るとフィヨルドの断崖絶壁にひっそりと佇む家も趣あり。北米にある古いログハウスや無機質な防寒コテージとは一線を画す、美しい風景が楽しめます。

 

食文化(ラップランド各地)

Photo by TKY

 Photo by TKY

ノルウェーサーモンや干ダラに代表されるシーフードに加え、野菜をふんだんに使ったキッシュやミートボールなど、ヘルシーで美味しい郷土料理も豊富。ジャンクフードでの旅を強いられる北米とは全く別次元です。

そんな食文化こそ北欧ならでは。ヨーロッパの歴史が築いた文化の賜物です。サーモンの水揚げやタラが干してある漁村の風景でさえ、ラップランドならではの風物詩です。

 

アクセス

 Photo by TKY

このように魅力がたくさん溢れる北欧ですが、一般的な印象はコストが高く遠いでしょう。

【日本発北欧行き直航便】

■メリット:所要時間10時間前後で同日着可能
■デメリット:コペンハーゲン、ヘルシンキ着に限られる
■価格:約14万円前後〜(ハイシーズン)約8万円前後〜(ローシーズン)

ただし、経由便をうまく利用すれば、最安4.5万円前後〜と意外とお手頃にフライトできます。

【オススメ低価格経由便】

■エアロフロート = モスクワ経由
■アジア系航空会社(China Air etc…) = 自国首都経由
■アラブ系航空会社 (Emilates etc…)= ドバイ、パリ経由

そして北欧主要都市を経由してラップランド圏内各地へと向かいます。

【北欧主要都市からラップランド圏内各地へのアクセス】

■飛行機:平均して1.5時間〜3時間で到着 各地へのアクセス網も豊富で便数も多い
■寝台列車:ストックホルム発 ナルヴィーク(ノルウェー)着 約20時間
ストックホルム発 キールナ(スェーデン)着 約17時間
 ※キールナ以北は欧州最北の鉄道と呼ばれ、美しい景観から車窓観光ルートとしても人気です。
■バス:ヘルシンキ発 ロヴァニエミ(フィンランド)着 夜行にて約13時間
 ※北欧のバスの交通網は発達しており、時間はかかるが自由かつ安価に旅することができます。
■レンタカー:ラップランド内各地でも手配可能。辺境でも自由に旅ができる。フェリーも併用可能。

 

私はストックホルム発着でスカンジナビア半島縦断、ノールカップ往復5,000km以上の全行程をレンタカーで自分の運転で旅しました。時間が許せば一番充実した旅になるはずです。とはいえ現実的には、ラップランド各地までフライト、その後レンタカー移動が一番オススメです。

ただし地勢上、入り組んだ海岸線を走るため、想像以上に所用時間がかかるので要注意。国道が突然途切れてフェリーに振り替えられているポイントも多数ありますので要注意。

 

物価

Photo by TKY

北欧といえば物価が高いことで有名です。確かにホテルの宿泊費とレストランは世界的に見ても高いです。しかし、スーパーの価格は想像したよりお手頃だったため、スーパーを利用して自炊したり、ホステルやテント泊を併用したりと工夫すれば、意外と出費を抑えられます。

サウナを利用しながらテント泊する旅も、ある意味では北欧ならではですね!

 

まとめ

Photo by TKY 

北米の北極圏との最大の違いは、アクセスと旅の難易度にあります。ズバリ北米の北極圏は、アクセスが非常に困難なのです。対して北欧の北極圏は、比較的容易にアクセスでき、観光や交通のインフラも整備されています。

 

【北米の北極圏】
■交通手段:高額のセスナ、海路、未舗装の道を自力で運転、高額のツアーに参加
■宿泊:熊が棲息する大自然でのキャンプ、もしくはイヌイットの集落

アラスカやカナダ北部の未開の地をサバイバルしながら旅するのは最高に楽しいですが、それはさておき旅のしやすさや快適性では北欧が圧勝です。北極圏内にも関わらず安全で快適な旅が約束できるのは北欧ならでは。

オーロラや白夜に出会いたい方は、北欧ラップランドを旅先に選んでみてはいかがでしょうか?

関連記事リンク(外部サイト)

意外と知られていないバルト三国ラトビアの魅力
フィンランド観光なら、レヴィでオーロラに包まれよう
「宇宙から見たオーロラ展2016」開催中!アラスカから24時間生放送!
3ヶ月の費用は全額負担!100日間続くフィンランドの冬を冒険する冒険家を募集中!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP